恋愛相談

恋活・婚活講座

婚活が上手くいかないヒトへのアドバイス

 
結婚を真剣に考え始め、婚活パーティや、相談所に通っては見るものの、なかなか結婚に至らない人も多いと思います。
 
人によってはとんとん拍子で結婚までこぎつけるケースもあるのですが、実際はそんなに甘くありません。
 
今日は婚活に手こずっている人たちに、色々とアドバイスさせてもらえればと思います。
 
なにかの参考になれば、本当に嬉しく思います。
 

交際から結婚に至るのが1番難しい

婚活している人で多いのが「交際(あるいはお試し交際)まではいけるが、結婚までは発展しない。破局してしまう。」というものです。
 
婚活が厄介なのは、交際まで到達するだけで、ゴールに辿り着いた錯覚を起こしてしまうことです。
 
お互い結婚相手が欲しくて、婚活パーティなりに来ているのだから、交際=結婚確定みたいなものだろ?と。
 
残念ながら、それは違います。知り合う→交際よりも、交際→結婚のほうが圧倒的に敷居が高く、難しいのです。
 
世の中を見渡してみればよくわかると思いますが、お付き合いしている人たちの中で、一体どれだけの人が結婚まで到達できているでしょうか。
 
街を歩いているカップルのほとんどが、結婚まで到達できず破局していきます。
 
それくらい結婚までこぎつけるのは難しいことなのです。
 
一生連れ添うパートナーを選ぶのですから、慎重になるのは、当たり前です。
 
ましてや、婚活に熱心な層は、比較的年齢が高めです。若い子と違って、離婚できる時間的余裕も体力的余裕もありません。
 
基本一発勝負と言えますし、戸籍にバツをつけることは、一生独身で過ごすことを意味すると言っても過言ではないのです。
 
なので、なおさら相手選びには慎重になってしまう。だから、婚活で1番の山は交際から結婚まで至る過程であって、知り合ってから交際するまでの過程ではないのです。
 
なので、交際がなかなか結婚にまで至らないと悩む必要はありません、自分に魅力がないと諦める必要はありません。
 
それは至って当たり前のことなのです。
 
ただ、相談員を経由してでも「自分のどこがダメだったのか?」は確認した方がいいと思います。
 
傷つくこともあると思いますが、同じ轍を踏み続けては時間と無駄なので、トライ&エラーで、着実に自分の欠点を潰していくといいと思います。
 
そもそも交際まで到達できない場合
 
中には交際まで到達することができない人もいるでしょう。
 
このパターンに当てはまる人の多くが、身の丈以上のものを異性に求めてしまいがちです。
 
先程も申し上げた通り、婚活に熱心な層は年齢層が高めなので、結婚は一発勝負みたいなものです。
 
万が一離婚した場合、再婚をするのは体力的にも年齢的にも苦しいわけです。
 
それゆえに、相手を吟味しようとしてしまい、身の丈以上の条件を異性に求めてしまうのです。
 
例えば男性の場合は自分より一回り若い女性を求めてしまうことが挙げられます。
 
35歳が20代前半の女性を求めても基本的には上手くいかないのです。
 
なぜなら、35歳にもなれば外見的魅力が衰え始めているからです。だからと言って、自分のステータスを前面に出してみても、何の意味もありません。
 
若い子は年収や学歴などのステータスにそこまで興味がありません。ステータスに興味を持ち始めるのはもう少し先の話です。
 
一方で、女性の場合、若くないのに、高いステータスを男性に求めてしまいがちです。
 
非難覚悟で言うと、女性の一番の魅力であり、武器はルックスなのです。
 
残念ながら、外見的魅力は年齢を重ねれば重ねるほど、落ちていきます。
 
そこを自覚せずに、「高身長で高年収で〜」と高望みしても成功しません。
 
ハイスペック男子は選択肢が多い。選択肢が多ければ若い女性を選ぶのが男という生き物です。
 
以上の様に、どうしても婚活って身の丈を越えたものを求めがちなんです。
 
ですから、可能な限りで良いので、自分を客観的見つめる機会をつくってみてください。
 
自分の年収は世間と比べてどうなのか、異性はなにも求めているのか、外見的魅力は他と比べてどうなのか、性格は、振る舞いは。…
 

数を打つことが婚活では大事

婚活では、とにかく数を打つことが大事です。と言いますか、婚活に限らず、みんな数を打っています。
 
自分も結婚していますが、それまでに付き合った女性の数は7人にもなります。
 
それだけの数を打って、ようやく結婚に行き着いたわけです。
 
婚活ってそんなものだと思っています。通う相談所を増やしたり、パーティにいく回数を増やしたり、マッチングサービスを積極的に使うことを心掛けるといいと思います。
 
どうしても人同士には相性があります。あなたが100点満点の性格や所作を身につけていても、成就するかどうかは別問題です。
 
余計体力を使うことにはなりますが、背に腹はかえられないでしょう。
 
時間は有限であり、時が経てば経つほど、婚活は不利になっていきます。焦って焦って、納得のいかないまま結婚しろと言っているわけではありません。
 
ただ、婚活は一点集中で取り組んだ方が絶対にいいです。その分、体力が消耗することは確かですが…
 
結婚、いいですよ。お付き合いのときと違って2人の将来を真剣に考える機会が多くなりますし、その度に家族であることを実感させられます。
 
婚活は精神的にも体力的にも、とても消耗させられますが、幸せな結婚生活のために頑張って見ませんか。
 
皆さんの婚活成功を心よりお祈りしています。

恋愛相談

ジョナサン

ジョナサン

投稿者の記事一覧

皆さんの恋愛や婚活の悩みを少しでも解決できればと思っています。拙いブログですが、末永く見守ってもらえればと思います。

関連記事

  1. 婚活ウケの良い男性の職業について
  2. 20代後半女性は婚活で需要があるのか?
  3. 婚活パーティーが上手くいかない理由を解説します。
  4. 【出会いがない人へ】恋人探しがはかどるサービス7選
  5. シングルマザーの婚活で注意して欲しいコト
  6. 婚活→初デート後に連絡がこなくなったときは諦めるべきか?
  7. ブサメンが彼女をつくる方法
  8. 婚活に疲れたときはどうすればいい?
PAGE TOP