心理講座

美人すぎるとモテないって話はマジです。

bijia

美人すぎるとモテないん・・・でしょ・・・なんとも贅沢な悩みですが男の僕から言わせてもらうとコレはマジです。

ただブサイクがモテないのとは話が違いますよ。美人がモテないのは、ブサイクがモテないのとは全く意味が違う。そこだけは勘違いしないように。

なぜ美人だとモテないのか?

女性からすると、男なんて好みの子がいたらなりふり構わず猿みたいに求愛するんでしょ?と思っているかもしれませんが、これは大きな間違いです。

女性と同様、男だって恋愛で傷つきたくないんです。デートを断られたくないし、フラれたくもないんです。

つまり、成功確率が低いと判断したら戦う前に美人の前から逃亡を図るわけ。

だから、美人はモテないのです。

でも正確に言うとモテないのとは違うんですよね、だって、男の本音としては声はかけたいけどどうせ自分なんかじゃダメでしょ・・・って感じな訳ですから。

美人というのは潜在的な需要は間違いなくあるんです、でも美人すぎると声をかけづらい、その結果モテないと世間一般では勘違いされている。というのが本当の実情です。

女の人だって、相手がイケメン過ぎると話しかけづらくない?どうせ私なんかじゃ・・って思わないです?

それと全く一緒なんです。だから、女性は可愛い系の方がモテるのです。可愛い系の女性は美人系の女性よりも敷居が低く感じますからね。

あと身長!

背の高い女性が実はモテる理由でも書かせてもらいましたが美人系の女性というのは結構身長が高い人も多くて、これがまた男からすると敷居を高める原因となるのです。

女の人って男性の身長を気にする人って多いと思うのですが男からすると、こんなどうしようもないことで恋愛対象外にはされたくないわけです。

ただでさえ、やれ顔だの学歴だの条件を求められる中で、身長まで付け加わってきたら堪ったもんじゃない。

なら、身長という条件はとりあえずクリアできそうな可愛い系に流れていくのは当然です。

美人系がモテるにはどうすれば良いのか?

一番良いのは、自分は皆が思っているほど男は選りすぐっていないことをしっかりと伝えることです。

美人の女性=男に求めるものが多いという先入観が男にはありますから、まずはその誤解を解いてあげることがとても大事。

例えば、過去に付き合ってきた男性はどれくらいの身長で、どんな人だったのかを伝えるというのは男に声をかける勇気を与えます。

もちろん中には、美人が故にハイスペックの男性としか付き合ってこなかったという人もいるでしょう。それはそれで仕方ない、恋愛で妥協する必要なんて一切ありませんからね。

でも、もし、皆が思っているほど顔や学歴、身長にこだわりがないのであれば絶対に伝えるべき。

最近、芸人の小島よしおの嫁さんが美人だとネット上で話題になっています。

yosikoji

確かに美人ですよね。この夫婦をみたネット民は大歓喜。

ジョナサン
小島よしおでもイケるなら俺でもイケんじゃね?????

マジでこんな風に男は思うのです。あっ顔なら俺の方が上かも・・・なんて。

もちろん結婚相手を選ぶ時に大事にするのはルックスだけではありませんので諸手を挙げて喜べることでは実際のところはない。

でも、この美女と野獣という構図は男にとてつもない勇気とやる気を与えてくれるのです。

先ほど、過去に付き合った男性はどんな人なのかを伝えると、モテるようになる(声をかけられるようになる)と伝えましたが、まさに小島よしお夫婦がお手本中のお手本。

かなりの美女が「昔の彼氏が小島よしおだったんだよねー」と発言しただけで、その女性の人気は格段に上がります。

なぜなら

ジョナサン
俺でもイケルかも・・・

という期待が頭を過るから。

つまり、美人がモテるなんてめちゃくちゃ簡単なことなんですよ。ブサイクがモテないのとは訳が違う。

だって、美人がモテるために必要なのは、美人に対する心理的抵抗を下げるだけなんですから、こんな簡単なことありませんよね。

一言言えば良いんですよ。「昔付き合ってきた人はお世辞にもかっこよくなかった。」と。ほんとにこの一言を癖のように言うだけで劇的にモテるように(声をかけられるように)なると思います。

美人は正義です。男を望むも望まないもあなたの自由。美人にはそれだけの力と魅力が備わっていることを自覚してください。

まとめ

  • 美人はモテないは本当
  • でもそれは高嶺の花すぎて声をかけづらいだけ
  • 美人を見ると男は自ら立ち去っていく
  • それを防ぐためには自分は高嶺の花ではないことを伝える
  • 最もいい方法は過去に付き合ってきた男性の身長やルックスを話すこと
ジョナサン

ジョナサン

投稿者の記事一覧

皆さんの恋愛や婚活の悩みを少しでも解決できればと思っています。拙いブログですが、末永く見守ってもらえればと思います。

PAGE TOP