この記事の信頼性

■月間30万アクセスの恋愛ブログです。

 

■恋愛に関する発信でTwitterでフォロワーが1000人を越えています。

男性心理講座

セフレと毎日LINEする男性の心理

「セフレとわざわざ毎日LINEする男性心理ってなに?」

今日はそんな悩みにお答えしていこうと思います。

セフレと毎日LINEする男性心理

色々な可能性がありますが(セフレにも二種類います。※詳しくは後述)、まずセフレをキープするためだけのために、マメに毎日LINEすることは男なら出来ます。

男にとってセックスは命の次に大事なもので、付き合ってもいないのにヤラせてくれる女性はとても都合がいい。

それにセフレは作ろうと思っても簡単に作れるものじゃありません。

相手のルックスを問わなければ無限にセフレを量産できますが、そこそこのルックス+セフレはちょっとやそっとじゃ作れない。

ワンナイトラブをする男の心理と本音でも書きましたが、男だってヤレるなら誰でも言い訳じゃないのです。

だから、多少手間をかけてもキープしようと考えるのはごくごく自然で、セフレをキープするためなら、毎日LINEする程度のことは朝飯前です。

風俗に行ったら1回1万、2万かかりますから…

毎日数通LINEするだけで、毎週数万の金が浮くなら誰だって頑張りますよね。

セフレにも二種類いる。彼女昇格の可能性があるセフレと、望み0のセフレ

セフレにも二種類いて、彼女昇格の可能性があるセフレと昇格の可能性がないセフレがいます。

その種類分けの理由、原因はあなた自身にあるのではなく、相手の男がどうゆう男かによって分けられます。

彼女昇格の可能性のあるセフレ

なんとなく、体の関係が交際に先行してしまっただけの場合は彼女昇格の可能性があります。

彼からあからさまな悪意は感じず、なんとなく自然の流れで一夜を共にしてしまうケースってありますよね。

こうゆうケースでことに至った場合、男性の中には必ず罪悪感が残ります。

罪悪感に耐えられず、一夜を共にした女性の前から逃げてしまう男性もいますが、何とか罪滅ぼしをしたいと一生懸命優しくしてくれる男性もいます。

彼女昇格の可能性がある関係は、必ず「自分を大事にしてくれてる…」という実感がどこかにある。

例えば、会ってる時は恋人のように会話をしてくれたり、楽しそうにしてくれたり。 愛されてる実感があるのであれば、彼女昇格の可能性は十分あります。

ただダラダラとセフレの関係を続けてもなかなか発展しないので、体の関係だけはきっぱりお断りしましょう。

体の関係をお断りしてみて、あなたの前から去るようなら元々望みはありません。

彼女昇格の可能性0のセフレ

世の中には煮ても焼いても食えない男がいます。

例えば、彼女ではなくセフレを探すためだけにマッチングアプリや街コンに参加しているような輩です。

こういったTheヤリモクの輩のセフレになってしまうと彼女への昇格はほぼ不可能です。

こいつらはセフレを人と思わず、まるで物のように扱います。

だから、セックスが終われば露骨にスマホをいじり始めるし、会話にもほとんど付き合ってくれません。

ヤリモク野郎の怖いところはセフレのご機嫌が斜めになり始めたことを感じ取ると、平気で「好きだよ。」と軽口を叩くところ。

この「好きだよ。」の一言に女性は戸惑います。

もしかしたら彼女になれるかもしれない…そんな欲が芽生え、セフレから抜け出せなくなるんです。

そのうち彼にも新しいセフレができます、ヤリモク野郎は常にセフレ探しのアンテナを張っているので。

新しいセフレができて用済みになった段階でポイッ。

なので、マッチングアプリを通じた出会い(マッチングアプリを完全否定する訳ではありません。)や、大事にされている実感がなければ、彼女昇格の可能性は諦めてください。

ヤリモク野郎はとにかくお金をかけたがりません。

ご飯にも連れて行ってくれないし、誕生日を祝うなんてもっての他。

「こいつはクロだ!」と思ったら勇気を出して彼との関係断ち切りましょう。

ヤリモクは絶対に改心しません。彼に執着しても傷つくだけです。

自分を気遣ってくれる男とのセフレ関係なら彼女昇格の可能性あり。

セフレの関係になったらまずは彼女持ち、既婚者であることを疑うこと

かくかくしかじか、セフレの関係になってしまった場合は、真っ先に彼女持ちであるか、または既婚者であることを疑ってください。

相手がどんなにいい人でも、絶対に疑ってください。

もちろん全ての男性が彼女、妻持ちではありませんが、実は結構可能性が高い…

その理由は…

彼女、妻持ちの男性は交際を切り出せない

彼女、妻持ちがいると別の女性に交際を切り出すことが出来ません。

でも、男は欲張りだから、彼女や妻がいても、別の女性と恋愛ごっこをしたい。

もっと可愛く言うと「ドキドキ」したいんです。

彼女や妻はいるけどドキドキはしたい…とのジレンマから恋人ごっこに興じ、結果的にセフレに発展してしまう場合がよくあります。

いずれにせよ、セフレになった場合は必ず彼女、妻持ちであることを疑ってください。

彼女持ち、既婚者を心から好きになってはダメ。辛い想いをするのはあなただから。

彼女持ち、既婚者であることを知らずに関係を続けると、どんどん彼に入れ込むことになります。

入れ込んだ結果、恋が成就すれば良いのですが、9割以上失敗します。

つまり、彼女持ちや既婚者に恋をしても、自分が傷つくだけで終わることが多いのです。

あくまで彼がしたいのは恋人ごっこに過ぎません。

本命は彼女や妻なので、ごっこ遊びに過ぎない女性には肩入れしないのが男のズルいところです。

悔しい気持ちはわかりますが、彼女持ちや既婚者に当たったらすぐ手を引きましょう。

彼女・妻がいても常に別の女性とヤリたいのが男の本能

彼女がいるのに風俗に行く男性の心理でも書きましたが、ご存知の通り男は金を払ってまで他の女性を抱こうとします。 それくらいセックスが大好き。

でも、実はヤレるなら誰でもいいわけではなくて、そこそこ見た目がよくないとヤる気すら起きない。

だから、実はセフレと彼女って紙一重。

ヤれない人とは付き合えないのが男というものです。

セフレづくりを目的にしている男は論外ですが、セフレの関係になってしまった=相手の男はクズ。というわけではありません。

浮気しない男の特徴・見分け方について解説します。でも書きましたね、男は好みの子が目の前に現れたら浮気の誘惑に抗えない、だから浮気をされたくないならインドアで交友関係の狭い男を選びましょうと。

色々な偶然が重なってセフレのような関係になってしまうこともあります。

だから、セフレだからと言って落ち込まないで欲しい。

セフレから始まる恋はあるのか?セフレを恋人にした僕がお教えします。で解説したとおりセフレから彼女に昇格することなんて普通にあり得る話なんです。

セフレの関係になったら既婚者または彼女持ちを疑うこと。

愛されている実感があるなら彼との関係を続けてみて

セフレには2種類あると言いました。

彼女に昇格する可能性のあるセフレと、可能性0のセフレです。

昇格する可能性のあるセフレは、彼とコミュニケーションを取る中で大事にしてくれてるとの実感を感じることのできているセフレです。

「ほぼ恋人みたいなもんなんだけどなぁ…付き合ってはいないんだよなぁ。」と感じるなら昇格の可能性は全然あるので、彼女持ちや既婚者でないことを確認できたら、今の関係を続けていきましょう。

もし彼から関係を進展させるようなアクションがなければあなたから仕掛けても大丈夫です。

あなたから関係を進展させる場合は冷静に、落ち着いて気持ちを伝えること

「ねぇ…私たちの関係ってなんなの??」 こうゆう聞かれ方をすると男は逃げたくなります。

正しくは「あなたの素敵な部分をいっぱい知ることができた。もし良ければ私と付き合ってもらえませんか?」

こんな感じでとにかく落ち着いて想いを伝えてください、

感情に任せて、泣いたり、怒ったり、不機嫌になりながら想いを伝えてしまうと「めんどくさそうなやつだなぁ…」と思われて終わりです。

「セフレと毎日LINEする男性の心理」のおさらい

セフレと毎日する男の心理は主に2つ。

  1. 都合のいい女をキープするため。
  2. あなたに罪悪感を感じているため。

都合の良い女をキープするためのセフレは本当にただのセフレです。

そこに恋愛感情はないし、無料の風俗嬢くらいにしか思われていません。

一方で、ボタンのかけ違いでセフレのような関係になってしまった場合は彼女昇格の可能性があります。

どっちつかずの関係、でも居心地は全然悪くない…となると、わざわざ交際の契りを結ぶモチベーションが彼の中に起きません。

「付き合ってはいないけど、2人で過ごす時間はカップルそのものだ。」と本気で感じるなら彼女昇格の可能性があるので、しっかりと「交際しましょう。」と彼に切り出すようにしましょう。

■こんな人にオススメです。

・片想いから両想いになりたい相手がいる。

恋愛の成功確率を上げる簡単な方法を知りたい。

・男性がキュンとくるLINEを男性目線で解説してほしい。

 ※LINEのともだち追加をするだけで読めます。

 

 

■こんな人にオススメです。

・初デートだけで終わりがちな恋愛が最近多い。

2回目のデートに絶対に繋げたい。

・男心を惹くデートを男性目線で解説してほしい!

 ※LINEの友達追加をするだけで読めます。

 

記事を書いた人:ジョナサン
自分の記事が少しでもあなたのお悩み解決に貢献できると、とても嬉しいなぁと思います。