男性心理講座

女性から告白されると男はこう思う。実際に告白された経験をもとに書きます。

どうも、ジョナサンです。

男性からの告白が一般的ですが、女性からの告白がもっと増えても良いと思います。

ということで、女性からの告白について

  • 女性からの告白ってそもそも有り?無し?
  • 好意のない女性から告白されても嬉しい??/li>
  • 告白に踏み切るタイミングはいつが良いのか?
  • どんな言葉で告白すれば良い?
  • そんな疑問に実体験も交えながらお答えしていきます。

    女性からの告白って男性的に有り?無し?

    結論から先に言ってしまうと、女性からの告白は全然ありです。

    告白して来た女性を見て

    ジョナサン
    女性なのにがっついて品がない・・・・

    そんなことを思う男性はいないので、告白を決めたら臆せず告白して大丈夫です。

    好意のない女性から告白されても嬉しいか?

    告白されることは全然迷惑ではないのですが、嬉しいかと言われると、少し話が違います。

    ニュアンスが難しいのですが、嫌悪感はありません、ただ女性に対して好意がない以上、その告白にOKを出す訳にはいかないので、断ることになります。

    ですが、断るのが得意な人間ってあまりいません。

    ましてや、勇気を振り絞って告白してくれたのです。彼女がトラウマにならない様に細心の注意を払って断らなければならないのですが、これが物凄くストレスが大きい。

    僕が23歳の時、18歳の女性に告白されたことがあります。その子は高校を卒業してすぐ、漁連で働いていたのですが、合コンで出会った瞬間から、凄く積極的な子でした。

    自分に好意があるのは明らかだったので、極力距離を取る様にはしていたのですが、かくかくしかじかあって一緒に食事をすることに・・・

    その帰りに、付き合って欲しいと告白されたのですが、返答にとても困りました。心はNOです。

    そのNOをどう伝えれば彼女を傷つけずに済むのかフル回転で考えたので、物凄ーく疲れましたし、ストレスフルでした。

    でも、勘違いしないで欲しいのは、確かに疲れはしましたが、決して不快感はなかったということです。

    告白するタイミングについて

    告白の成功確率を上げるためには、タイミングを間違えないことが大事です。

    あまりにも早いタイミング、つまり自分に対して好意があるかどうかわかっていない段階で告白するのは危険すぎます。

    玉砕覚悟の告白は大体玉砕しますし、精神的なダメージが大きい。勝てない勝負に挑むのは勇気ではありません、それはただの無鉄砲です。

    では、彼の気持ちを知るためにはどうすれば良いのか。何で測れば良いのか。

    個人によって差はありますが、下に掲げるどれかに該当すれば、告白に踏み切っても良いと思います。

    デートを3回以上している。

    2人で3回以上デートしてるのであれば、あなたに好意があると判断して大丈夫です。

    まちるだ
    2回だとダメ?

    と聞かれると、んー・・・何とも言えないなぁという感じです。

    ちなみに1回はダメです。女性からのデートの誘いを男はこう感じる!でも書いたとおり、男性にとってデートに誘われることはとても嬉しいことなんです。

    なので、1回目のお誘いには、あなたに好意を持っていなくても応じる場合が多いので、1回デートしたという事実は何の足しにもなりませんので注意が必要です。

    毎日LINEのやりとりが続いている

    毎日LINEのやりとりをしてくれる男の心理で書いた通りなのですが、毎日LINEのキャッチボールが続いているのであれば好意があると考えるのが自然です。

    毎日LINEのやりとりをするのって結構な重労働なんです。好意を持っている女性が相手じゃないと、この重労働(おまけに無報酬)をこなすことは出来ませんので、毎日LINEが継続しているか否かはベストタイミングを図るうえで重要な目安と言えます。

    告白するタイミングに関する注意点

    告白に踏み切るタイミングとして、2つ挙げましたが、いずれかの条件を満たさないと絶対にダメという訳ではありません。

    むしろ条件を満たせない場合の方が多いはずなので、自分なりに可能性があるかも・・・と思ったら攻めに転じて大丈夫です。ただ、攻めに転じる時は次の章で書いていることに気をつけてください。

    告白の方法と言葉について

    告白の方法

    ざっと思いつくだけで

  • 直接
  • LINE
  • 電話
  • 手紙
  • 何かがありますが、ダントツでオススメなのは直接告白することです。オススメというか単純に成功確率が高いので。

    恥ずかしくてLINEや電話を使う女性がいますが、そんな覚悟しかないなら告白なんてしなくて良いと思います。

    告白というのはとても大事なイベントなんです、それをLINEや電話で済まそうなんて男性側に失礼ですので、絶対にやめましょう。

    話を戻して、直接告白をオススメする理由ですが、臨場感が半端じゃないんです。一つの一つの静かな間や彼女の感情の変化、声の震え、恥じらい。

    この臨場感は直接の告白でないと味わうことができません。そして、その臨場感に飲み込まれて、ついOKを出してしまうこともあるのです。なので、恥ずかしい気持ちはわかりますが、LINEなどには頼らず、直接告白する様にしましょう。

    告白の言葉

    正直何でも良いのですが、分かりづらい表現はやめましょう。例えば

    まちるだ
    一緒に居ると落ち着く・・・

    とかは分かりにくいです。もうド直球に

    まちるだ
    あなたのことが大好きです。もしよければ、私とお付き合いしてください。よろしくお願いします。

    で良いです。男としては、こんな嬉しい告白の言葉はありません。想像するだけでとてもキュンとします。

    告白に失敗した時の対処法

    まだ望みはありますので、告白に失敗したからと言って諦めないでください。
    二度目の告白で成功した例もありますので次にかけましょう

    次に望みを託す上で重要なことは、彼に対してぎこちなさを出さないことです。
    ぎこちなさを出してしまうと、どんどん溝が深まって、彼もあなたのことを避ける様になります。

    避けられないためには、告白前と変わらずに、彼とコミュニケーションを取ることです。
    凄く難しいことは理解していますが、次に繋げるためのと割り切って頑張ってください。

    告白が失敗に終わったとしても、彼の中に必ず爪痕を残すことが出来ます。

    少し話が変わりますが女性からのデートの誘いを男はこう感じる!で書いたとおり、今まで何の意識もしてなかった女性からデートに誘われることで急に意識し始めてしまうことってよくあるんです。(僕の場合は特に。)

    告白もこれと同じで、告白した事実は決して無駄になりません。もしかすると、告白がきっかけで、あなたのことを意識し始めるのかもしれないのです。

    ですから、告白に失敗したとしても諦めないでください。まだまだ望みはありますし、告白は一発勝負じゃありませんから。

    失敗したらまたトライすれば良い、それだけの話です。

    返事を保留された場合について

    最後に、返事が保留された場合についても簡単に触れておきましょう。

    まちるだ
    OKならその場で答えれるはずだ!

    と思われるかもしれませんが、これは半分正解で半分不正解です。

    確かに、あなたに対して100%の好意があれば

    ジョナサン
    OK!愛している!

    と即答してくれますが、100%じゃない場合も多々ありますので、一旦保留するわけです。

    一旦持ち帰って、彼は考える。

  • 本当に自分は彼女のことが好きなのか。
  • 仕事と学業との両立が出来るのか
  • 今の彼女より、こっちのほうがスペックが高いな・・・乗り換えたい・・・(←実は結構あります。)
  • などなど、彼なりに色々と考えている訳ですね。

    返事を待っている間はソワソワしますが、催促などは絶対にしないこと。ただ、ひたすら返事が来るのを黙って待つことが大事です。

    以上、女性からの告白について、男として感じること、気をつけた方が良いと思うことを書かせてもらいました。その他聞きたいことがあれば、遠慮なく相談してくださいね!

    ジョナサン

    ジョナサン

    投稿者の記事一覧

    皆さんの恋愛や婚活の悩みを少しでも解決できればと思っています。拙いブログですが、末永く見守ってもらえればと思います。

    関連記事

    1. 【男目線】いい女の特徴について語ります。
    2. 背の高い女性が実はモテる理由
    3. 好きな人に男が取る態度と行動。僕の実体験をもとに解説します。
    4. 初デートで引いた女性の言動や行動。胸くそ悪いけど語ります。
    5. 恋愛経験が少ない女性のことは男はどう思うのか?
    6. モテる女の特徴と条件を男の僕が教えます。
    7. 彼氏いない暦=年齢と聞いて僕が感じること。【男の本音】
    8. 彼氏の束縛は我慢すべきか抗議すべきか。対処法も含め僕がお答えしま…
    PAGE TOP