心理講座

女性の警戒心を解かないとデートの誘いには応じてくれない件について

kyohu

はい、今日は女性の警戒心について講義しまーす。

「今週の週末空いてるかな?もし空いてるなら飲みにいきません?」→「むりー」なんて断られることはよくあると思います。

で、断られる理由って様々です。

例えば単純に、「いや、あんた嫌いだし。」ってこともあったり、「そこまで親しくないし・・・」ってことも。

てなわけで、断られる理由には多種多様あるわけですが、その中でも個人的に大きいと思うのが、警戒心を解くことができていない。ということ。

ここは、男性には理解しづらい部分かと思いますが、女性って万が一襲われたら、抵抗できないわけです。か弱いので。

デートに誘われるたびに、襲われる可能性があるか否かで、誘いに応じるかどうかを決定しているわけではありませんが、少なくとも男性が女性にもっているより、女性は男性に対して警戒心を持っています。

例えばね?華奢なスマートな男の人に、いきなり「ちょっとそこで一緒に飲みません?」って言われても、そこまで恐怖心も警戒心も感じないはずですが、ヤクザみたいな風貌の人に「にいちゃん、ちょっと飲みにいこうや」言われたら、男だってめっちゃ怖いじゃないですか。

でも、このヤクザ風の人が、10分前に、事故に遭いそうになった5歳の男の子を華麗に救っているのを目撃してたとすると、敷居下がりますよね。

なんでかわかります?

相手のことが少しわかって、警戒心が少し解かれてるからなんです。

あっ、こことても大事なんで。”相手のことが少しわかると”警戒心が解けるわけ。

ここから、なにがわかるかというと

知り合って間もないのに、デートに誘っても断られる可能性が高いよ。ということです。

だって、お互いのことなにも知らないんだもん。

つまり、デートの誘いに応じてもらえる可能性を高めるためには、親密度をあげて、警戒心を解くとベターなわけです。

でね、この親密度ってなんぞや?と。

もちろん一番良いのは、友達を介してでも、直接会う回数を重ねてること。ただ、合コンとかで彼女探ししている人はそうはいかない。

じゃあ、どうするか。

極力長い期間、メールまたはLINEのやり取りをすることが肝要です。

で、一番良いのは、やりとりの”回数”が多いこと。でも、この回数を目的に、やりとりをすると、女性から返信が来なくなる可能性が結構高い。

回数が多くなると、女性は面倒になって既読スルーとか始めるので。

ここで、自分が推奨するのは長い”期間”やりとりすることを心がけること。

ようは2日で20通やりとりすることを目指すのではなく、10日で20通やりとりすることを目指しましょうよということ。

経験上、たいした中身のないやりとりをしていても、その期間が長いと、デートへの誘いに応じてくれる可能性が高くなります。

その他にも、例えば、二人であっても誘いに応じてくれる可能性が低いな。と感じるなら、大人数で会ったりしても、いいですね。

どんな形であれ、接触を持つことが警戒心を解く、一番の近道なので。

”警戒心”

意識してみないと男性にはわからない感覚です。

警戒心の理解を深めることが、恋愛にはとても大事なので、意識しながらコミュニケーションを取ってみてください。

ジョナサン

ジョナサン

投稿者の記事一覧

皆さんの恋愛や婚活の悩みを少しでも解決できればと思っています。拙いブログですが、末永く見守ってもらえればと思います。

PAGE TOP