恋愛相談

恋活・婚活講座

20代後半女性は婚活で需要があるのか?

20代後半ともなると、周りにもぼちぼち既婚者が出始めて、焦りを感じる頃かと思います。

今日は男性目線で
20代後半は婚活市場で需要があるのか?
についてお話ししていきます。

20代後半は婚活市場で需要あります。(結論)

早速結論から入りますが20代後半の女性は普通に婚活市場で需要があります。(年齢だけでいえば。)

なぜかと言うと、婚活に熱心な男性の年齢層は大体20後半〜30半ばくらいで、この年齢層が理想とする女性は大体25~29歳が多いからです。

男性は基本的に20代という響きが大大大好きです。

ガッツポーズ男

ただ20代前半だと、まだ幼稚さが残る女性もいますから結婚相手としては心配…となると現実的な線で浮かび上がってくるのは、25~29歳あたりの女性となるわけです。

だから、20代後半の女性は婚活市場で間違いなく需要があると言えるのです。

30代になると婚活市場での需要は減る

極端に減るわけではありませんが、20代後半と30代では、需要に差が出てくるのは間違いありません。

先ほども言ったとおり、20代という響きが男性はとっっっても大好きです。

婚活は事前に条件を決めますので、30代というだけで弾かれる可能性が高くなってしまうわけです。

「希望の年齢は?」と結婚相談所で聞かれて

ジョナサン
20代半ばから後半で。
と答える男性は想像以上に多い。

29歳と30歳、年齢はたった1つしか変わりませんが、この1歳の差で、出会える男性の数に差が出てしまいます。

数が少なくなると当然選択肢も少なくなりますから結果的に理想の男性と巡り会う可能性が低くなります。

崖に落ちそうな男

つまり、理想の結婚(理想どおりにいくことは婚活に限らず少ないですが)をしたいと思うのであれば、早めに動いたほうが可能性が上がるということです。

20代後半の女性は早めにかつ積極的に婚活に取り組むべき

婚活というのは自分の思い通りにいかないことも多いですから、どうしても気の向いた時に、ダラダラとやってしまいがちです。

僕としては、ダラダラとやらないで、20代後半だからこそ、焦りに焦りまくって積極的に婚活に取り組んでほしいと思っています。

もちろん「別に結婚出来なかったらできなかったでいいや~」という人はダラダラ取り組んでもらって大いに結構かと思います。

が、「いつかは結婚したい」という思いがあるのであれば、そのいつかは今であるべきです。

バーベル女

なぜなら婚活は年齢を重ねれば重ねるほど、どんどん不利になり、妥協の連続を強いられることになるからです。

おばさんになればなるほど、婚活が難しくなっていく、つまり贅沢が言えなくなってきます。

価値の高いものは、その立場を十分に利用できる。要するに選ぶ側に立てます。

反対に価値の低いものは、その立場を十分に利用できない。要するに決定権を失うのです。

ですから、いつかは結婚したいと考えているのであれば、決定権が残っている20代後半のうちに頑張った方が良くないですか?と僕は言っているわけです。

20代後半で100%の力を出すのと、30歳半ばで100%の力を出すのでは、返ってくる成果が明らかに違います。

婚活市場でみるみる価値が落ちていく自分を見ることほど、耐え難いことはありません。

今は色々な出会いの手段がありますから、それらを積極的に使って、20代後半のうちに積極的に婚活に取り組んでもらえたらいいなぁと思います。

今日の講座のまとめ

  1. 20代後半の女性は婚活市場で需要はある
  2. なぜなら婚活に熱心な層が求めるのは25〜29歳の女性が多いから
  3. つまり30代になると需要は減ってしまう
  4. 需要が減る前に積極的に婚活をしないと、どんどん婚活は難しくなっていく
  5. だから、理想の結婚をするために20代後半から積極的に婚活をした方が良い
恋愛相談

ジョナサン

ジョナサン

投稿者の記事一覧

皆さんの恋愛や婚活の悩みを少しでも解決できればと思っています。拙いブログですが、末永く見守ってもらえればと思います。

関連記事

  1. ハイスペック女子は婚活に不利なのか?
  2. 婚活が上手くいかないヒトへのアドバイス
  3. ブサメンが彼女をつくる方法
  4. ブスでも彼氏をつくる方法
  5. 婚活ウケの良い男性の職業について
  6. 「低学歴・低年収・派遣」の女性は婚活で不利なのか?
  7. シングルマザーの婚活で注意して欲しいコト
  8. 結婚できない女の特徴
PAGE TOP