心理講座

束縛の激しい彼女とは別れた方が良い。

束縛

この記事にたどり着いたということは、相当彼女の束縛に悩んでるはず!!!まず基本的に女性は程度の差はあれど束縛をしたいと思う生き物です。(全く束縛をしない女性ももちろんいる。)

軽度の束縛であれば良いですが、極度の束縛をしてくる彼女の場合は、はっきり言って別れた方が良い。

なぜ束縛の激しい彼女とは別れた方が良いのか?今日はその辺りをお話ししたいと思います。

極度の束縛は自己中心的な彼女がすることである

軽度の束縛、例えば、女性と2人きりで飲みにいくことを止めたり、風俗を禁止したりする彼女は、まぁ極々普通の感覚を持っている女性と言えます。

しかし、女性のいる飲み会に参加することを禁じたり、女性との連絡を一切許さなかったり、友達リストやアドレスから異性を全て消せ!!と要求してくる女性は異常です。

彼女がいる以上、ある程度の範囲、行動が制限されるのは致し方のないことです。ですが、彼女といえども、彼氏の行動の全てを制限して良いわけでは断じてない。

激しい束縛をする女性というのは、残念ながら稚拙で自己中心的な人間。だってそうでしょ、恋人がいようがいまいが、日常生活を送る以上、異性との接触は避けられないわけで、私のために異性との接触を全て絶て!!なんて暴論以外のなにものでもない。

なぜ僕が、そんな女性とはさっさと別れることをオススメするかというと、彼氏の息抜きや娯楽を、自分の身勝手な考えで制限しようとする女と、これから先長い間連れ添うことができますか、結婚を踏み切れますか?と。

そんな女性と結婚なんて考えられないじゃないですか、幸せになるイメージができないじゃないですか。

激しい束縛をする女性は、とにかく彼氏の気持ちを考えない。自分が良ければ、満足できればそれでいい。自分が満足できるなら彼氏を尊重しなくても良い!!そんな考えを持っている訳です。

そんな横暴は断じて許してはならぬ。

日常生活は恋人を中心に回っている訳ではないのです。恋人が幸せの全てではない。友達と遊んだり、女性と連絡を取り合うことも日常生活の一部、幸せの一部なのです。

束縛=愛の証拠。と考える人がいますが、それは愛でも何でもない。本当に恋人を愛しているのであれば、相手の考えを尊重し、自分に行き過ぎた部分があると思うなら妥協をする。それが愛だと僕は思うのです。

俺のことを愛しているなら生でヤラせろ!!俺のこと愛してるんだろ!!!ってのと根本は同じです、そんなの愛でも何でもないじゃないですか、ただの自己中心野郎じゃないですか。

暴論を押し付けてくる彼女のために、あなたの日常生活を犠牲にする必要は全くない。女なんて星の数ほどいるのです、あえて束縛の激しい彼女と付き合う必要はないと思うのです。

だから、束縛女に無駄な時間を使わないで、さっさと別れた方が良い。僕ならソッコーで別れますね。

ジョナサン
お前は俺の何なんだ????えぇぇ!??!?!?!こら!?!??!?

くらい言ってやっていいと思いますよ。

魅力的な女性ほど束縛が緩い

あくまで経験則ですが、交際する中で「ほんっと優しい彼女だなぁ・・・」と感じさせてくれる女性は、決まって束縛をしません。

もちろん彼女なりに思うところはあるでしょう。出来れば女性のいる飲み会に行ってほしくないなぁとか、SNSで絡まないでほしいなぁとか。

でも相手を尊重することのできる女性は、決してそのことを彼氏に強要しません。こちらのプライベートな部分、息抜きの部分をしっかりと守ろうとしてくれるのです。

付き合うなら絶対そうゆう過度な束縛をしない女性のほうがいいです。

恋人関係はGive&takeがないと成り立ちません。与えられたことは返す&与えられたことは返す。この繰り返しが互いを良好な関係に導いてくれます。そして、それを信頼というのです。

彼女の束縛は治すことはできるのか?

正直、話し合いでどうにかなる話ではないと思います。もちろん、束縛をやめてほしいことを伝えれば、振られることを恐れて一時的に束縛は止まるでしょう。

でも彼女の中には、相当なフラストレーションが溜まっていきます。そして、彼女にとって束縛をやめることは、彼氏に対するGive、つまり自分が我慢してやってるとの気持ちが強いから、なにかの弾みで「私はこんなに我慢してるのに!!!」と爆発する可能性が高い。

彼女が束縛を止めていたのは、あなたを考えてのことではなく、所詮自己保身なのです。あなたにが振られたくないから口をつぐんでいるだけのことであって、尊重の気持ちなんてこれぽっちもない。言わば見せかけなのです。

同じ束縛なしでも、相手を尊重した上で口をつぐむのと、恐怖心から口をつぐむのとでは、天と地の差ほどあって、似て非なるものなのです。

ただ、年齢を重ねることによって束縛が緩まっていく可能性は十分あるとは思います。これは男女問わずですが、束縛心が一番強くなるのは、若いとき、特に10代の頃にピークを迎えて、あとは右肩下がりになっていきます。

つまり、20半ばにもなって、束縛心の強い女性はどう足掻いても治らないということですね。普通の女性なら20半ばにもなれば、精神的に成熟しているはずですから。

相手がまだ若すぎるなら、時間経過が束縛を緩めてくれる可能性はあります。しかし、そこそこの年になっても尚、束縛が激しいのなら残念ながら彼女の束縛癖は治らない。

そんな女性とはサッさと別れて、別の彼女を見つけることに力を使った方が幸せになれると思います。

まとめ

  • 激しい束縛をする女性とは別れた方が良い
  • なぜなら、彼女は自己中心的で相手を尊重できない人間だから
  • 束縛癖は基本的には治らない
  • しかし、齢を重ねることで治る可能性は十分あり得る。(賭けだけど。)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョナサン

ジョナサン

投稿者の記事一覧

ツイートついーと!ツイートいてほしにょおぉぉぉぉぉぉ。

関連記事

  1. nogoukon 恋人がいるのに合コンへ行く人の心理
  2. meet-importance 恋愛の成功確率は”出会い方”に左右される
  3. meal-invite 食事に誘ってくる女性は脈アリと思って良い理由
  4. afraid 付き合うのが怖いあなたに伝えたいコト
  5. married 既婚者を好きになってしまった人に伝えたいこと
  6. tall-importance 恋愛に身長は必要不可欠なのか?
  7. suddenly 女からのいきなりのデートの誘いを男はどう感じるか?
  8. adult-1869735_1920 男は巨乳好きなのかを僕が教える
PAGE TOP