恋人心理講座

彼女がいるのに風俗にいく男の心理

まちるだ
なんで彼女がいるのに風俗に行きたがるんだろう・・・?

女性に対して、風俗に行く男の心理を理解しろというのは無理がありますよね。

だって、彼氏がいるのに別の男に・・・ましてやお金を払ってまで抱かれようなんて考える女性はいませんから。

恋愛心理学を解いたジョングレイ博士はこんな言葉を残しています。
「男は火星から、女は金星からやってきた。」と。

要するに、同じ人間であっても、男と女は似て非なる生き物だと。

同じ人間なので、共通する価値観はたくさんあります。

が、一方で全く異なる価値観を持っている場合もあって、特に恋愛観・SEX観に関しては、文字通り似て非なる生き物と断言できます。

だから、女性の気持ち、価値観に置き換えて考えてみたところで絶対に答えは出ません。

なので、僕が一人の男として、彼女がいるのに風俗へ行く男の気持ちを解説していきたいと思います。

男は常に色々な女性とSEXしたいと考えている

本音を告げることはありませんが、彼女がいようと結婚していようと、男という生き物は常に別の女性とSEXしたいと考えています。

女性にとってSEXとは互いの信頼があってこそ成立する行為のはずです。

だから、心が通じあってれば通じ合ってるほど、互いの信頼関係が深ければ深いほど、SEXによる満足感が上がります。

ですが、男は「彼女と、通りすがりの好みの女性、どちらとSEXしたい?」と聞かれたら、100%「通りすがりの好みの女性」と答えます。

まず、SEXに求めるものが男女間で大きく違うんです。

女性はSEXに安心感を求め、男性は快楽を求めます。

女性がとても大事にする安心感・心の繋がりという感覚は男にはないので、女性ほどSEXに心がこもっていないとも言えますね。

だから、都合のいい女をヤリ捨ててみたり、初デートの日に自宅やホテルに連れ込むような、良心を欠いた行動が取れるわけです。

男は一夫多妻制、女は一夫一妻制を好む

日本を含め、多くの国では一夫一妻制度が採用されていますが、男の本音としては一夫多妻制度を支持したいはずです。

好きな時に、好きな女性とSEXができることほど、男心を震わせるものはありません。

世論や社会の圧力、社会倫理が一夫一妻を制度にしているだけで、男の勝手気ままに法律を変えていいとしたら、間違いなく一夫多妻制度が採用されることになると思います

物・遺伝子レベルでオスのヤリたがりは決まっている

親の投資理論という言葉を知っていますか?

ハーバード大学のロバート・トリヴァースという進化生物学者が説いた理論です。

要するに、男と女で出産に対するリスク・コストって全然違うよね、だからSEXの重みも違うんですよという理論です。

男は種を蒔けば終わり、撒いたら巻きっぱなしで逃げることもできますが、女性は違います。

万が一妊娠しようものなら、約10ヶ月間、自分の栄養をへその緒を通じ分け与えながら、子を身籠もる必要があります。

また、生まれてからも母乳などを与えながら、懸命に子育てをしなければいけません。

つまり、SEXで負うリスク(望まない妊娠を前提としているのリスクと表現させてもらいます。)が女性の場合、男の比ではありません。

リスクが大きければ大きいほど、人間は慎重になります。

なので、男は簡単に、一方女性は慎重にSEXする相手を選びます。

男のSEX観を肯定する訳ではありませんが、色々な女性・多くの女性とSEXをしたい!と思う気持ちは、本能レベルで刷り込まれていると言ってもいいでしょう。

「女性を想う気持ち」と「SEXしたい本能」のジレンマのすえ、「風俗」という答えを出す。

いくら本能が、多くの女性とSEXせよ!と命じても、男にもちゃんと理性があります。

もし本能の赴くまま生きてるとしたら、それはもはや人間ではなく獣です。

彼女や妻がいるのに、会社の同僚や女友達に手を出そうものなら、結果的に多くの人を傷つけることになります。

浮気をされた彼女や妻はもちろんのこと、手を出された女性も結果的に、傷つく場合が多いですよね。

自分のさじ加減で多くの女性を傷つけることになる。

さて、本能を優先するか、人間としての尊厳を優先するか・・・

大抵の男は人間の尊厳を優先します。

でも、色々な女性とヤリたい気持ちも正直ある。

人間の尊厳と動物の本能の狭間で揺れた結果、それじゃ風俗で解決しよう!という結論に行き着くんです。

もうお金で解決しちゃおうと。

風俗嬢も商売として割り切ってるので、客とSEXしたところで、恋心を抱くこともありません。

男としても非常に楽ですよね、金さえ払えば自分の欲求を満たせるし、彼女や妻にバラされることもないわけですから。

彼女や妻がいるのに風俗がいる=愛していないわけではない

「私がいるのに風俗に行くなんてありえない!私のこと愛してないんでしょ!」というのは少し違います。

なんども説明しているとおり、男は本来、ヤリたがりの生き物です。

この本能を会社の同僚や女友達などに手当たり次第ぶつけようものなら、多くの人が傷つきます。

都合のいいことを言うようですが、風俗で性欲を満たしているうちはまだマシです。

だって、風俗嬢に愛がある男なんていませんから。

風俗嬢とSEXする男に浮気・不倫の意識は全くありません。

一方、素人(風俗嬢以外)に手を出す場合は浮気・不倫の意識をどこかに必ず持っています。

浮気・不倫の意識を持っているからといって、お相手の女性に本気になるとは限りませんが、可能性としては0ではありません。

性欲を溜め込んだ結果、浮気・不倫の方向に走ったらヤバイ・・・その前に金払って風俗で性欲を満たしておくか・・・って感じで風俗を利用する男性も多くいます。

風俗に行くことは決して褒められたものではありませんが、浮気・不倫をされるよりは遥かにマシなのでは?という気はしないでもありません。

風俗に行くのは彼女や妻とのSEXに不満だから?

結論から言うと、違います。

彼女や妻とのSEXに不満だからプロのテクニックに頼るわけじゃなく、単純に別の女性とヤリたいってだけです。

ヤレるならテクニックのない素人でも別に良いんです。でも、素人の相手を探すのって簡単じゃないので、金払ってプロのところに行くってだけの話。

なので「私との性生活に不満なのかな・・・」なんて悩まなくてOK。

ただ、彼からSEXを要求されても断りがちな女性っていますよね。

会うたびにSEXする必要はありませんが、断りすぎるのはあまりよくありません。

女性側に不満がなくても、男性側には絶対にフラストレーションが溜まります。

このフラストレーションが爆発すると破局にまで発展する場合も・・・

僕の友達がこんなことを言ってました。
「彼女がとにかくSEXを嫌がるのでプロポーズに踏み切れない。」と。

それくらい男にとってSEXは大事なものなんです。

世の中の男性は全員風俗に行ってるの?

ん〜どうでしょうか。

僕の周りに関して言えば、7割くらいは風俗の経験があると思います。

その内、定期的に通う人は1〜2割程度。

友達とのノリでたまに行く人が3〜4割程度と行った感じなので、まぁ・・・2人に1人は彼女や妻がいても風俗に行くと言うことですね。(回数や頻度は男性によりけりですが。)

まとめ

男性にとってSEXは欠くことのできない行為です。

だからと言って風俗に行くことを肯定はできませんが、彼女がいてもなお風俗に行く男の気持ちは同じ男として理解できます。

しかし、彼の中で一番大切なのは、あなたであって風俗ではありません。

どうしても不満なのであれば、しっかりと不満を伝えるべきです。

不満を伝えたからと言って、彼に嫌われることはありません。

風俗のために彼女や妻を天秤に掛ける人はいませんのでご安心ください。

流石にそこまで男もバカじゃありませんので。

ジョナサン

ジョナサン

投稿者の記事一覧

皆さんの恋愛や婚活の悩みを少しでも解決できればと思っています。拙いブログですが、末永く見守ってもらえればと思います。

関連記事

  1. 彼氏に嫉妬しないための方法
  2. 彼女がいるのに合コンに行く彼氏の心理
PAGE TOP