心理講座

ワンナイトラブをする男の心理と本音

one-night

「ワンナイトラブ」これほど男の心をくすぐるワードはないし、男の夢と言ってても過言じゃない。女性にはわからないロマンがそこにはある・・・

ということで今日はなぜ男はワンナイトラブをするのか?そのときの心理とはどうゆうものなのか?を解説していきたいと思います。

まずは男のセックスに対する考え方を知ろう

ワンナイトラブを理解するためには、男という生き物がそもそも性について、どのような考え方を持っているか、そして女性とどう違うのかを知ることがとても大事。

まず、男というのは女性と違って、基本的に可愛い子であれば誰とでもセックスをすることができますし、したいと考える生き物です。

例えば、通りすがりの男性に「これからホテルにいかない?」と言われて、ほいほい付いていく女性はほぼ皆無でしょう。

でも、男性の場合は違って、通りすがりであっても、その子が可愛く、本気で誘ってると分かればほいほい付いていってベッドインしてしまうのです。

ですが、そんなラッキーイベントは一生を通じても一度もありません。だから風俗という金で女性を買う商売が成り立つのです。

つまり、男性にとってセックスとは快楽を求めるものに過ぎない。セックスに対する考え方が女性とは根本的に違うのです。その証拠に女性版の風俗なんて存在しないじゃないですか。

これが男性の性に対する考え方なのです。

ワンナイトラブをする男は身体目的なのか?

前段の話を聞いてしまうと、ワンナイトラブする=身体目的=一晩過ごせば私には興味はない。と思われるかもしれませんが、実は半分正解で半分不正解。

ワンナイトラブが恋愛に発展する可能性は十分にある。現に僕はそうゆう経験がある。焼き鳥食って→カラオケ行って→我が家でベッドイン→半年後くらいに交際

つまり、ワンナイトラブのつもりが恋愛関係に・・・ってことは往々にしてあるっちゅうことです。

なぜそんなことが起こるかというと、男性はヤレれば誰でも良いという訳では決してないからです。例えば、究極のブサイクにホテルに誘われたとしてもほとんどの男は

ジョナサン
いえ、結構です。

と、そのお誘いを断ります。つまり、男は男なりにヤレる人、ヤレない人の基準を持ってるということ。で、ヤレる人ってのは大体、自分の中でそこそこ可愛いラインに到達している人なのです。

これがワンナイトラブ→恋愛に発展する仕組みです。当然、そこそこ可愛い人とはお付き合いも可能なわけですから。

男性にとってヤレる対象≒恋愛対象なのです。(=ではありません、≒です。)

ただ勘違いしないでほしいのは、女性と違って、セックスをきっかけに急激に相手に惹かれるという現象は男には起こりません。女性って一夜を共にしたことで、急に恋心が芽生えることがあるじゃないですか。残念ながらその感覚は男性には当てはまりません。

だから、一夜を共にした後にパッタリと連絡が途絶えることがよくあるのです。とは言っても、先ほど言ったとおり、あなたのルックス自体は十分ストライクゾーンに入っている可能性があるから、アプローチの仕方次第では十分その恋は成就すると思って良いです。

つまり、ワンナイトラブを食らったからといって「私なんて所詮身体だけなんだ・・・」と考えるのは時期尚早ということになります。

ワンナイトラブ後、あなたとの接触を嫌がる男性について

例えばLINEやメールをしても無視されたり、誘えども誘えども相手の男性が乗ってこない場合、そいつにはかなりの確率で恋人がいます。(9割以上)

罪悪感もあるし、下手に肩入れすると浮気が発覚する可能性がある、だからあなたを執拗に避けようとするのです。

反対にワンナイトラブ後も普通に連絡を取ってくれたり、デートの誘いに応じてくれる場合はフリーである可能性が高いので、アプローチ次第で恋人関係まで発展することは全然あり得ます。

彼とどうしても付き合いたいと思うなら。

まずはめんどくさい女にならないことです。悔しい気持ちは分かりますが「浮気をばらす」と脅してみたり、執拗に連絡をしてみても遠回りになるだけです。

あと、男性のことばかり責めないでくださいね。ワンナイトラブを男性の責任にしたがる女性が一定数いますが、あなたも同罪、同じ穴の狢です。

「一夜を共にしたんだから責任を取れ!」「私の気持ちを踏みにじった!」と騒がないように。いや、別に騒いでも良いですけど、騒げば騒ぐほど、彼はあなたを避けようとします。

先ほど、ワンナイトラブから交際にまで発展した体験談をお話ししましたが、その女性はとにかく心が広く、優しかった。だから僕は彼女と付き合うことを決意したのです。(ワンナイトラブ後から半年ほど経ってから付き合った。)

ワンナイトラブした僕のことを決して責めず、「男の人ってワンナイトラブするくらいが丁度いいと思いますよ(ニコッ)」なんてことも言ってくれました。

ジョナサン
めっちゃいい子だなぁ・・・

と本気で思ったからこそ、僕も惹かれていったわけです。

もしあのとき、彼女がぎゃんぎゃん騒ぐ様な人だったら間違いなく交際まで発展してません。

ジョナサン
めんどくせーやつだなー・・・

と邪険に扱って終わりだったでしょう。

男を責めたくなる気持ちもわかります。でも男性も少なからず罪悪感を感じているはずなのです、その罪悪感を助長するようことをしたら彼にとってあなたは、自分のことを傷つけるイヤな存在になってしまうのです。

自分の落ち度を逐一指摘する男なんて嫌でしょ?そんな人と付き合いたいなんて思わないじゃないですか。それ、男も一緒です。

まとめ

  • ワンナイトラブをしてしまったからと言って、恋愛の望みが絶たれるわけではない
  • なぜなら、男はそこそこ可愛い子としか一夜を共に出来ないから
  • 可愛い子は同時に恋愛対象になり得る
  • ワンナイトラブ後に、執拗にあなたを避ける場合は恋人がいる可能性がある
  • ワンナイトラブの彼と付き合いたいなら、めんどくさい女になってはいけない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョナサン

ジョナサン

投稿者の記事一覧

ツイートついーと!ツイートいてほしにょおぉぉぉぉぉぉ。

関連記事

  1. dorobou 略奪愛を成功させる方法を教える【取扱注意】
  2. hightall 可愛い系と美人系どっちがモテるのか?
  3. bald ハゲでもモテる説は本当なのか?
  4. pinklady エロい女はモテる説は真実である。
  5. danjoyujou 男女の友情関係が成立しない理由
  6. kyohu 女性の警戒心を解かないとデートの誘いには応じてくれない件について…
  7. very-cool イケメン過ぎるとモテない説は真っ赤なウソ
  8. nogoukon 恋人がいるのに合コンへ行く人の心理
PAGE TOP