男性心理講座

ワンナイトラブをする男の心理と本音

まちるだ

ワンナイトラブする男は何考えてるの?身体が目的だっただけ?

とお悩みのあなたに、なぜ男はワンナイトラブをするのか?

彼は今どうゆう気持ちでいるのかを解説していきます。

なぜ男はワンナイトラブをするのか?

まず、どんな真面目そうな男性でもワンナイトラブ願望は絶対にあります。

行動に移す人と移さない人がいるだけで、本音は誰もがワンナイトラブをしたいと思っているものです。

なぜなら、男はとにかく性に積極的な生き物だから。

男性向けのアダルトビデオや風俗が巷に溢れていることからもわかるとおり、性に対する価値観が女性とは全く違います。

女性の中にも、一定数、性に積極的な人がいますが、割合で言うとかなり少ない。

一方で、男性は100人いたら100人、性に積極的と考えてOKです。

ワンナイトラブをした男を

まちるだ

クソだ!ヘッタくれだ!

とボコボコに口撃する女性がいますが、同じ男からすると、まぁ・・・理解できなくもないです。

だって、男だもんね。と言おうものなら、女性の皆さんにフルボッコにされるんでしょうけども・・・

「交際」はセックスするための「手段」に過ぎない

例えば、物凄く美人で性格も抜群、でも一切身体に触れさせてくれない彼女と円満な関係を築けるかと聞かれると、答えはNOです。

いつまで持つかはわかりませんが、必ず破局します。100%破局すると断言できます。

男性にとってセックスはなくてはならないもので、極端な話、セックスをするために交際をすると言っても過言じゃありません。

女性は基本的にガードが固い。

付き合う前にホテルに誘っても、8割方断られますし、ガードの固さは男もよくよく理解しています。(よくよく身にしみてます。)

ですが、付き合っちゃえば話は別。

彼氏・彼女の関係になった途端、女性のガードは急激に緩みます。

ガードが緩まれば、セックス(目標)を完了することができるので、男は必死こいて女性にアピールするわけです。

つまり、ガードを緩めるために、交際という手段を使ってるだけで、別の手段で緩まるのであれば別に交際にこだわる必要はありません。

だから、交際関係を結ばずとも、ヤラせてくれる(ワンナイトラブしてくれる)女性は、男にとって最高に都合が良い。

本来なら何回も何回もデートをして→交際して→ようやくセックスに辿り着く。のに、1・2回デートをして→ワンナイトラブしてくれる。わけですから・・・

男はみんなワンナイトラブしたい!

[/box06]

ワンナイトラブは必ずしも遊びで終わるとは限らない

ワンナイトラブする=身体目的=一晩過ごせば私には興味はない。と思われるかもしれませんが、実は不正解です。

ワンナイトラブが必ず遊びで終わるとは言えず、恋愛に発展する可能性が十分にあります。

なぜそんなことが起こるかというと、男性はヤレれば誰でも良いわけではないからです。

例えば、好みじゃない女性からホテルに誘われても

ジョナサン

いえ、結構です。

と、断る男性がほとんどです。

つまり、男は男なりにヤレる人、ヤレない人の基準を持ってるということ。

で、ヤレる人ってのは大体、自分の中でそこそこ可愛いラインに到達している人なのです。

女性だって、恋愛対象外の男性とはワンナイトラブできないはずです。

ついワンナイトラブしちゃう相手とは、顔が好みだったり、性的に魅力を感じる男性だったりしますよね。

顔が好みじゃないとワンナイトラブできないのと同じように、顔が好みじゃないと恋愛対象にも入りません。

だから、ワンナイトラブから交際関係に発展する可能性は十分にありますよ。と言っているのです。

男性にとってワンナイトラブしたい女性≒恋愛対象なのです。

ただ、女性と違い、セックスをきっかけにグッと相手に惹かれることはありません。

女性は一夜を共にすることで、彼が特別な存在になってしまうことがよくあります。

残念ながら男性が一番燃え上がるのはワンナイトラブの瞬間なので、一夜を共にしてもあなたが特別な存在になることはありません。

だから、ワンナイトラブ後に急に冷たくなったり、パッタリと連絡が途絶えたりするのです。

とは言っても、あなたのルックスは十分ストライクゾーンに入っているはずなので、アプローチの仕方次第では十分、恋愛関係に発展させることが出来ます。

ワンナイトラブした彼へのアプローチ方法

結論を言うと、めんどくさい女にならないことです。

男はとにかく面倒な女性を嫌います。

例えば、ワンナイトラブしたことを執拗に責め立てたするのはNGです。

まちるだ

私の気持ちを踏みにじった!責任をとれ!

なんて彼を罵倒しようものなら、即座に貴方の前から去っていくことでしょう。

もやもやする気持ちはよくわかりますが、そのもやもやを彼にぶつけたところで、良い方向には進みません。

僕もワンナイトラブから交際に発展した経験がありますが、その女性はとにかく心が広く、優しかったです。

ワンナイトラブした僕のことを決して責めず、男の人ってワンナイトラブするくらいが丁度いいと思いますよ(ニコッ)なんてことも言ってくれました。

ジョナサン

めっちゃいい子だなぁ・・・

と本気で思ったからこそ、僕も惹かれていったわけです。

もしあのとき、彼女がぎゃんぎゃん騒ぐ様な人だったら間違いなく交際まで発展してません。

ジョナサン

めんどくせーやつだなー・・・

と思って終わりだったことでしょう。

彼の罪悪感を刺激しても、あなたには何の特もありません。

彼女持ち、または既婚者を見抜く方法

ワンナイトラブをかます男性の中には一定数、彼女持ちや既婚者が紛れ込んでます。

彼女持ちはまだマシとして、既婚者が相手だと場合によっては不倫相手として慰謝料を請求されることもあります。

100%見抜く方法はないのですが、個人的に思う一番の方法は、彼の家に遊びにいって良いかを聞いてみることです。

既婚者なら必ず別の場所を提案してきますし、彼女持ちの場合も自宅に入られることを快く思いません。(自宅の中から彼女の痕跡を全て消し去るのはとても難しい。)

なので、自宅に入られることを、かたくなに拒否する男性は既婚者であったり、彼女持ちである可能性が結構高めなので警戒してください。

まとめ


ワンナイトラブをすると、男性は女性から逃げたがる一方、女性は男性を追いたくなるものです。

だから、ワンナイトラブってモヤモヤするんです。

彼氏・彼女の関係に必ず発展しますと断言はできませんが、可能性は十分にあります。

男にとって、ワンナイトラブの対象≒恋愛対象、つまり紙一重なんです。

悔しかったり、悲しかったりする気持ちはよくわかります。

でも

まちるだ

恋愛対象には入れてるんだ!

と前向きに捉えることも出来るんです。

なので、ワンナイトラブをしたからと言って、恋愛を諦めないでください。

諦めずにアプローチし続ければ、恋人同士になれる可能性が存分にあるのですから。

デート前の女性に絶対読んでほしい!

※ワンタップするだけであなたのLINEに届きます。