メール・LINE講座

追撃メール・LINEは絶対するな!

pursuit

メール・LINEの中で、特に御法度なのが”追撃メール・LINE”です。追撃メール・LINEとは、相手からの返信が来てないのにも関わらず「LINEみてくれたー?」「おーい」などと、相手に送りつけることである。これは

「絶対にやめろ」

追撃というのは、やればやるほど泥沼にハマっていくし、恋愛の成功確率を大いに下げることになる。想像してみてほしい、興味の無い女から立て続けに「おーい」なんて催促の連絡がきたら、あなたはどう思うのか?うざいでしょ。

高校生ならまだ可愛げがありますが、大学生・社会人にもなったら相手の気持ち・都合のことくらい考えられるようでなければなりません。

そもそも女性が返信してこない理由としてあげられるのが

  • 忙しくて返信する余裕が無い。
  • 返信が面倒になってスルーすることにした。(⇔あなたに興味が無い)

上記のいずれかで、どちらにせよ追撃の連絡が負担になることは想像に難くないはず。意中のあの娘から返信がなくて不安になる気持ちもとてもわかります。僕も同じ男なので。

でも、そうゆうときこそ、相手がなにを考えているのか?同じ状況なら自分はどうしてほしいのかを考えなければならないのです。

気遣う連絡すら不要である。

例えば、相手がとても忙しい時期であることをあなたが知っているとする。そのときに女性からの返信が途絶えると「大丈夫?無理しないでね。」と連絡をする人がいますが、そんなことしなくて良いです。

相手が返信してこないのには、なんらかの理由があるのです。つまり、あなたとはやりとりをしないということを選択しているのです。こうゆう場面で大事なのは気遣う連絡をすることではなく、繁忙期を抜けたと判断できる時期、言い換えると返信する余裕があるであろう時期に再度連絡することです。そうゆうのが優しさなのではないでしょうか。

返信が途絶えたらどうすればいいの?

基本的には、時間が経つのを待つことが正解です。待つというのは4日とか5日とかではなく、2週間〜1ヶ月レベルで待つということです。

シカトされてからある程度の時間を置くことを決して忘れないでください。そして大事なのが自分の返信間隔を見直すということ!大事なのでもう一度言います。返信間隔を見直してください。

あなたは一度、シカトされているわけです。つまり、あなたとのキャッチボールに負担を感じてしまったから相手の女性はシカトをしたのです。

1回シカトされるごとに恋愛の成功確率はグッと下がると思ってください。僕は2回シカトされたらほぼ終了とすら思っています。それくらい、恋愛において返信をスルーされるというのは痛手になるのです。

シカトを食らわないためには、相手の負担にならない連絡方法を考える必要があって、簡単に改善できるのが返信間隔を遅らせることなのです。

僕の場合は最低2時間とか普通にあけます。がっつり空ける時は、あえて3日間とか空けることも珍しくありません。

そうすれば、返信への負担がぐっと減りますのでスルーされる確率を下げることが出来ます。

まとめ

  • 追撃メールは如何なる理由があっても禁止
  • 返信が負担になっているからシカトされる
  • シカトを2回以上されると、ほぼ試合終了
  • それを防ぐためには返信間隔を見直し、相手の負担を軽減することが大事
  • 具体的には最低2時間、最長で数日間は返信間隔を空けて良い。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョナサン

ジョナサン

投稿者の記事一覧

ツイートついーと!ツイートいてほしにょおぉぉぉぉぉぉ。

関連記事

  1. stampo スタンプを多用する男はモテない
  2. stamp-only LINEでスタンプのみの返信をしてくるのは脈アリ?ナシ?
  3. linee メール・LINEテクニックを制す者は恋愛を制す
  4. men-trouble 男性が返信に困る「女性からのLINE(ライン)」
  5. gap メール・LINEはギャップを演出するのに最適なツールである。
  6. quick-reply LINEを早く返す男はモテない
  7. inte メール・LINEの返信は遅めにしたほうが良い3つの理由
  8. pulse-line 脈ありLINEの判断方法
PAGE TOP