メール・LINE講座

追撃メール・LINEは絶対するな!

『追撃メール・LINEは送った瞬間に恋が終わると思え。』

それくらい女性にとって追撃メール・LINEは、不快指数の高いものなのです。

僕はいついかなる時も絶対に追撃LINEをしません。

いついかなる時もです。

追撃LINEでありがちなパターン

よくやりがちな追撃LINEをいくつかご紹介しておきます。

思いあたる節がある人は要注意。
僕に言わせると、ただの恋愛下手です。

追撃LINEケース:デートのお誘いをしたのに返信が来ず不安になって追撃LINE

デートの誘いをするまでは、スムーズにLINEのやりとりが続いていたのに、デートに誘った途端に返信が遅くなる。

この返信の遅さにムズムズしてしまって、ついついこんなlINEをしてしまいます。

ジョナサン

食事・・・行けそう?ダメならダメで全然いいから!

はっきり言って女性からするとめちゃくちゃキモいLINEです。

何がキモいって、そもそも返信してないのに追撃していること、もう一つは『ダメならダメで全然良いから!』と気遣ってる風なのに、ただ断られる恐怖に保険をかけているあたりが二重にキモいんです。

こんなLINEをしようものなら100%こんな返信がきます。

まちるだ

すいません・・・今忙しくて行けなさそうです・・・

追撃LINEケース:1日と始まりと終わりに追撃LINE

なんでこんなことするのかな・・・と僕には疑問しかないのですが
返信がないのに日課のように『おはよう』『おやすみ』と送る人がいます。

解説するまでもないのですが、この追撃LINEはめちゃくちゃ気持ち悪いです。

女性からすると

まちるだ

こいつ彼氏気取りかよ・・・

って思われた終わりです。

こんな追撃LINEをしても絶対に恋は成就しません。キモがられて終わりです。

追撃LINEケース:『LINEちゃんと届いてるかな?』追撃LINE

なかなか既読がつかないと『もしかして気づいてないのかも・・・』と余計な心配をする人がいます。

気づかせてあげようと、追撃LINEをしちゃうわけです。当然、これもアウト。

そもそも気づかないわけないじゃないですか、普通に考えて。

未読ならちゃんとアイコンつきますから・・・

昔のガラケー+メール時代と違って、スマホ+LINE時代に、届いたLINEに気づかないなんてことは絶対にありえません。

追撃LINEケース:細切れ追撃LINE

ジョナサン

今日は

ジョナサン

何か

ジョナサン

良いことあった?

こんな風に一文で済むものを分割して送る人がいますが、これもご法度です。

スマホがブーブーなるのウザいですから・・・意味のないことはしないようにしましょう。

追撃LINEケース:既読スルーにシンプルに追撃LINE

ジョナサン

なんで返信くれないの?

ジョナサン

俺何かしたかな・・・

ジョナサン

失礼なことしたなら教えて?直すから。

ゲロが出そうになるくらい気持ち悪いです。

既読スルーをするということは、彼女はどうにかして男を避けようとしているわけです。

トマトが大嫌いな人間に『トマト食べないの?美味しいよ?トマト嫌いなんて人生損してる。』なんて勧めますかね。勧めないでしょう普通。

なのにLINEとなると、ついつい追撃してしまうのが本当に不思議でなりません。

追撃LINEはなぜ女性に嫌われるのか?

女性は優しい人が大好きです。

それで、女性の言う『優しい人』とは、人を気遣える人を指します。

なんで気遣いのできる優しい人を好むかわかりますか。

女性は良い旦那・パパになる素質があるかどうかを無意識に確かめているのです。

では、良い旦那、そして子どもにとって良いパパとは何でしょうか。

そりゃ優しくて、妻にも子どもにも色々な配慮、気遣いをしてくれる男性ですよね。

詳しい説明は避けますが、とにかく女性は、相手を思いやる心を持った男性を好むのです。

その点からみて追撃LINEというのは女性を気遣った行為でしょうか?

違いますよね。だから、追撃LINEは煙たがられるし嫌われるんです。

女性だって、忙しいこともあればLINEを返したくない時だってあリます。

そんな時に女性のタイミングを無視して追撃LINEをしようものなら、そりゃ嫌われに行くようなものです。

あなたは自分を急かし続ける人間をどう思いますか。あなたが持つタイミングをがん無視して自分の都合ばかりを優先し、急かし続けてくる人間をどう思いますか。

当然、好きになれないはずだし、急かされるたびに嫌いになるはずです。

追撃LINEというのは、それと全く同じことをしています。

いかなる理由があっても、追撃LINEは絶対にやめてください。

返信が来なくて不安になる気持ちもわかリますが、不安に任せて行動したところで事態は泥沼化するだけです。

冒頭でも言ったとおり、追撃LINEをして、恋愛が良い方向に転がることはほぼ100%ありえません。

追撃LINEを既にしてしまった場合の救済策

既に追撃LINEをしてしまった以上、彼女の中であなたの評価はダダ下がりでしょう。

ここから巻き返すのは容易ではありませんができることを書いておきます。

まず追撃LINEに対して彼女から返信が来たことを前提にお話をしていきます。

その場合、とにかく返信間隔を遅らせてください。2時間とか3時間ではありませんよ。

数日から数週間単位で返信を遅らせてください。

彼女はあなたに嫌気が指し始めています。とにかく、あなたとのコミュニケーションを避けようとするでしょう。

そんな彼女に、今まで通りの間隔で返信しようものなら、次は既読スルーじゃなくてブロックをくらってしまいます。

これ以上の事態の悪化を食い止めるには
『彼女の負担にならない返信間隔は何だろうか?』と考えることがとっても大事。

さっきほど言ったとおり、女性は気遣いのできる男性(=優しい人)が大好きです。

返信間隔を送らせた結果として、挽回できるどうかはわかりません。

でも、今のあなたにできるのは、返信間隔を減らすことで彼女の負担を軽減(=彼女を気遣う)することだけです。

LINEはスキル・テクニックのあるやつが勝つ

トークスキルの高い男性が、低い男性よりもモテるの同じように、LINEもコミュニケーションの一つですからスキル、テクニックのあるやつが勝ちます。

飛び抜けたイケメンなら、多少下手でも恋愛に勝てるでしょう。

でも、そうじゃない場合は、女性を気遣えるコミュニケーションを取れるか否かが恋愛の成功確率を大きく左右します。

追撃LINEを送る人のように、コミュニケーションスキルの低い人は、自分が思うように恋愛をコントロールできません。

ジョナサン

この子可愛い!付き合いたい!

といくら願っても、叶わない場面が多くなります。

ですがLINEコミュニケーションが上手になれば、全てとは言いませんが恋愛をコントロールできるケースが確実に増えます。

なんて偉そうなことを言っていますが僕の失敗や後悔を詰め込んだ『好きになった女性を射止めるLINEテクニック講座』で書かせてもらったとおり、僕も失敗し続けてきました。

好きな女性に、男友達経由で『お前のことキモいって言ってたよ(笑)』と言われ、恥ずかしくて恥ずかしくて顔が真っ赤になったこともあります。

いますぐ逃げ出したくなりました、本当に。

でもLINEを見直したら、全部とは言いませんが、恋愛が上手くいくことが多くなりました。

それをまとめたのが僕の失敗や後悔を詰め込んだ『好きになった女性を射止めるLINEテクニック講座』です。

もう恋愛に負け続けるのはやめましょう。

大好きな女性を友達に取られ、アンアンしているのを想像すること以上に辛いことはないのです。

今日の講座まとめ

追撃LINEはいかなる場合も、ダメだというお話をしました。

女性に不快感を与えてしまいますからね。

だからと言って、このまま何もしなければ恋愛は終わってしまいます。

その救済策として、彼女の返信をひたすら待ち、返信間隔をグッと遅らせる(数日から数週間)ことをお勧めしました。

追撃LINEをした時点で、既に彼女からの評価はただ下がりなので、挽回できるかはわかりません。でも出来るのは、それくらいなんですよね。

そして最後にLINEコミュニケーションを身につける重要性をお話しさせていただきました。
詳細は僕の失敗や後悔を詰め込んだ『好きになった女性を射止めるLINEテクニック講座』で書いてますので興味のある方は是非見てみてください。

気になる女性確実に射止めるLINEテクニック

※ワンタップするだけであなたのLINEに届きます。