この記事の信頼性

■月間30万アクセスの恋愛ブログです。

 

■恋愛に関する発信でTwitterでフォロワーが1000人を越えています。

男性心理講座

性格が悪い男の見分け方・見抜き方について解説します。

性格の悪い男を事前に見抜くことができたら、どれだけ多くの女性が苦しまずに、安心して恋愛することができるでしょうか。

付き合う前はあんなに良い人だったのに付き合った途端、豹変する彼を事前に選別することができれば、どれだけ安心して恋愛をできるでしょうか…

「性格は事前には絶対わからない!」と言われますが、確かにその全てを事前に見抜くことは不可能です。

でも、ある程度の傾向は、見抜くことができると僕は考えています。

誰しもが自分なりに相手の性格を見極めようと、自分なりのルールをもとに相手を評価した経験があるはず。

「悪口を言うやつはヤバい…」、「ふとした瞬間の顔が邪悪そのものだった…」などなど。

今日は、性格の悪い男を見抜くためのぼくなりのマイルールをお話ししていきたいと思います。

性格が悪い男とは?

画像1

まず、自分が言う性格の悪い男というのは「交際後に女性を悩ませ、振り回す男性」を指します。

思いやりや気遣いに欠け、自分こそが世界の中心であり、自分を否定する存在、自分の思うとおりにできない存在を時には罵倒する。

「ずっと一緒にいたい!」と思われる彼女になるための恋愛講座でも少し触れましたが、凄くシンプルに、思いやりと気遣い(Give&Take)さえあれば恋愛というのは必ず長続きするんです。

この思いやりと気遣いがどこかで欠けるからこそ、破局が絶えない。

もし、全人類が思いやりと気遣いの塊であれば、この世の中から「別れ」は激減することでしょう。

「浮気した。」、「すれ違いの日々が多くなった。」、「価値観の相違」、「構ってくれなくなった。」などなど、どんな別れ方であろうと、その根源には、思いやりと気遣いの欠如にあります。

だから「思いやりとか気遣いとか綺麗な言葉つかってんじゃねーよ。」とバカにしないでください、甘く見ないでください。

僕は既婚者ですが、妻となぜ仲良く出来ているのかと問われたら「お互い思いやりと気遣いを大事にしてるから」と即答します。これがなかったら100%離婚に至ることでしょう。

思いやりと気遣いのない男の見分け方

画像2

思いやり、気遣いのない男というのは、負の感情が強く、何かとネガティブな側面ばかりに注目しようとする傾向があります。

思いやり、気遣いというのは、与えてくれたもの(ポジティブな面)をしっかりと思い出せる人間じゃないと出来ないんです。

ネガティブな側面に囚われがちなタイプの男は、彼女がいくら彼に対して誠意を尽くそうとも、その誠意を一切評価せず、本当に小さく些細な欠点に目を向けることで、相手を口撃するための材料を見つけ出そうとします。

ネガティブマンは、自己正当化がとても得意。ケンカになれば自分が正しい理由を探すため、相手のあら探しをし、あらを見つけては「やっぱり俺が正しいんだ、間違ってるのはアイツなんだ。」と悦に浸ります。

だから、性格の悪い男を洗い出すためには、人のポジティブな側面ではなく、ネガティブな側面ばかり見ようとする人間を洗い出せば良いということ。

では、どうすればネガティブな側面ばかり見る男を洗い出すことができるのでしょうか。

性格の悪い男を見抜く質問:「○○ってどんな人だと思う?」

画像3

人には必ず良い面と悪い面があり、誰もが「光」と「陰」の部分を持っています。

この「光」と「陰」のどちらにフォーカスして相手を評価するかで、相手の性格の良さ、悪さというのをある程度見抜くことが出来ます。

例えば、共通の知り合いに

「明るくて優しい、誰とでも仲良く喋ることが出来る愛想の良いA子ちゃん」がいるとします。

相手に対して「A子ちゃんってどんな子だと思う?」と質問してみてください。

そのときの答えは大きく二つに分かれます。

「誰にでも優しくていい子だよね!」と光の部分を答える人と「誰にでも愛想を振りまく感じあるよね。」と陰の部分を答える人。

確かに、どちらもある意味では正解です。ポジティブに表現するか、ネガティブに表現するかの違いに過ぎません。

でも、この表現方法の違いが、相手の根っこの性格を露にします。

ポジティブにもネガティブにも表現できるのであれば、ポジティブに表現した方が誰もイヤな思いをせずに済むわけです。

なのにも関わらずあえてのネガティブ表現を選択するということは、人の悪い部分を見る方が得意なタイプであることを意味します。

人の悪い部分にフォーカスするタイプは、思いやりと気遣いに欠ける場合がとても多く、交際後にあなたを悩まし、振り回す可能性があるので要注意。

Give&Takeのバランスは相手の良い部分を認めないと崩れる

画像4

恋愛大学ではおなじみの「Give&Take」

カップル、夫婦と言えども元は他人、そこに無償の愛なるものは存在せず、与えればとうぜん見返りを求めたくなるのが人の性。

与えてばかりで何も見返りが返ってこないと必ず不満が生まれ、その不満が起爆剤となり、2人の関係を侵蝕し始めます。

なので、良きパートナーシップを結ぶためには、Give&Takeのバランスが絶対に必要であり、長続きするカップルや仲の良い夫婦の間には必ず適正なGive&Takeのバランスが存在します。

このGive&Takeのバランスを取るときに欠かせないのが「相手の良い部分を認める力」なのです。

どんなに仲の良い2人でも人間である以上、時には衝突し、相手に不満を感じる瞬間は必ずあります。

そのときに、相手に与えてもらった恩や楽しかった思い出を思い出し、募る不満のキモチを抑え込めるかどうか?がとても大切。

相手の良い部分を認められる人は、負の感情をポジティブな感情で抑え込む力を持っているため、ムキになりません。

じぶんに非があれば「ごめんね。」と伝える勇気を持っています。

一方、性格の悪い男は、前半部で申し上げたとおり「自分を正当化」するのが得意です。

言わば、今そのときを生きており、過去に与えてもらった恩義や感謝を思い出すことが出来ない。

なぜなら彼は、ネガティブな側面ばかりに目を奪われる、愚かで稚拙な人間だからです。

性格の悪い男とGive&Takeのバランスを取るのは至難の技です。彼は、あなたの良い部分や、あなたが彼にしてあげたことを思い出してはくれません。

あなたが与えても与えても、彼からは何も返ってはこない。

その先に待つは「破局」のみです。

よくある質問:人の良い部分を認めない男は全員くそ野郎ですか?

画像5

あくまで「傾向」の話です。

人を批評する人間が必ずしも恋愛不適合者なわけではありません。

「人の良い部分を認められる人間」と「人の悪い部分しか見れない人間」では当然、前者のほうがまともな人間率が高い傾向があるよね、って話です。

人を褒めまくる人でも不適合者はいます。

相手の性格を確認したいときの一つの「指標」程度に考えてもらうのが良いと思います。

 

 ※LINEのともだち追加をするだけで読めます。

 

 

 ※LINEの友達追加をするだけで読めます。

 

記事を書いた人:ジョナサン
自分の記事が少しでもあなたのお悩み解決に貢献できると、とても嬉しいなぁと思います。
\ Follow me /