男性心理講座

「デート代の割り勘はありえない!」と考えるのは男をわかっていない証拠

度々クローズアップされる、奢る・割り勘論争。

まず僕は「時代が変われどデート代くらい男が出してやれ。」と思っている方で、女性にデート代を出させたことは人生で一度もありません。

ただ、この意見を聞いて「そうそう〜デート代は男が出すものよ!」と、語気を強めるのは間違いです。

「えっ?高飛車な女だと思われるからですか?」

いえ違います。

僕は後輩(男)と飲むのが嫌いだ。

画像1

いきなり何の話?と思われるかもしれませんが、今回の恋愛コラムに通ずる部分があるのでお話させてください…

時たま、会社の後輩から「一緒に飲みに行きませんか?」とお誘いを受けることがあるのですが、正直迷惑に感じています。

なぜなら、後輩と飲むと、後輩の分も含め、僕が飲み代全てを払うことになるからです。

もちろん、後輩に割り勘でお願いすることもできる、でも自分は先輩たちにお代を出してもらってきたので、先輩である以上、後輩からお金を取りたくないのです。

飲み会自体が凄く楽しいのであれば良いのですが、後輩と飲んでいても正直つまらない。

先輩の前だとどうしても恐縮してしまうので、先輩側からリードして話を引き出してあげないと会話そのものが弾まない…

こっちが気を遣う、でも飲み代はこっちが全額持つ…

器の小さな人間で申し訳ないのですが、どうしても自分にとって懸命なお金の使い方だとは思えず…

ゆえに、僕は後輩との飲み会が嫌いです。

自分から誘うことなんて100%ないですし、誘われるのも迷惑。

後輩にもお代を払う意思はあります。でも、後輩に払わせるのは気が引ける、でも…でも…楽しくもないサシ飲みに身銭を切ることには抵抗感がある…

そんなアンビヴァレントな気持ちになるのが、とにかく嫌なのです。

で、この後輩と飲むときの心理は、そのまま女性と飲むときの心理にも当てはまります。

どうゆうことかと言うと…

好きな女性には納得して全額奢るが、そうじゃない女性に対しては渋々奢る。

画像2

男女平等が叫ばれる昨今であっても、やはりデート代は男性が支払ってくれるケースが多いと思います。

「お言葉に甘えて…」
「ここで私が財布を開けば彼のプライドが…」

と、あなたなりに男性の気持ちを忖度することもあると思うのですが、彼との距離感によっては、積極的に割り勘すべき場合もあります。

特に「初デート」&「あなたから誘った」場合は、彼に全額奢らせるべきではありません。

なぜなら、初デートの目的は「次のデートに繋げること。」だからです。

ここで先ほどの後輩との飲み会話が効いてきます。

僕は後輩と飲むのが嫌だと言いました。

その理由は「後輩との飲み会にそもそも乗り気じゃない。」・「でも飲み代は全額出さなくちゃいけないから。」でしたね。

つまり、僕は後輩との飲み会代を渋々出している、納得して全額を出しているわけじゃないので、願わくば飲み会に行きたくないのです。

話をデートに戻します。

あなたから誘って初デートが実現した場合、彼があなたに好意を持っているとは限りません。

あなたがやるべきことはデートを重ね、自分をアピールすることで彼の気持ちの中に好意の火種を作りあげることです。

初デートをきっかけにセカンド、サードと関係性をゆっくりと紡いでいく必要がある。

なのにも関わらず、初デートで全額彼にお代を出させたら、彼はどう思うでしょうか。

「自分から誘ったわけでもないし…気を遣って喋らなくちゃいけないし…でも飲み代は俺が出さなくちゃいけないし…一体おれになにの得があるんだ?」と、不満な気持ちでいっぱいになってしまう。

すると、どうなるか?

セカンドデートに誘ってもきっぱりと断られてしまうのです。

デートを重ねないと距離感は縮まらないのに、デートそのものを断られてしまう…それすなわち恋愛は失敗に終わるということ。

だから、「そうそう〜デート代は男が出すものよ!」と、奢られることを当たり前に考えることはとても危険なのです。

あなたが美人で、男性からお誘いを受ける立場なら、遠慮なく奢ってもらってください。それが誘った側の礼儀ですからね。

一方、あなたから誘ってデートが実現した場合は、割り勘前提で考えてください。

彼が「いいよ、お金は僕が払うよ。」と言ってくれても、その言葉に甘えてはダメなのです。なぜなら顔に出さないだけで渋々お会計している可能性があるから…

どうすれば彼と割り勘できるのか?

画像4

「いいよ、お金は僕が払うよ。」と彼に言われてしまうと、お金を出したくてもなかなか出せない状況になりますよね。

「お言葉に甘えないと失礼かもしれない…」との考えが脳裏を過ぎり、そっと財布の口を閉じる….ではダメです。

一言こう伝えてください。

「ここで全額出させてしまうと、気軽に誘えなくなってしまいます。また一緒にお話ししたいので、どうしても支払いたいんです。」と。

それでもお金を受け取ってくれなかったら「LINEPay」でお金を送金すればいいだけの話。

あなたからデートに誘った場合は、そうでもして割り勘する必要があるんです。

カネの話は、不満のタネになりやすい。奢ったは良いものの、酔いが覚めて冷静になると不満で悶々としてしまうことがある。

だから、あなたから誘った場合はなんとかして割り勘に持ち込まないといけないのです。

よくある質問:割り勘して男性のプライドは傷つきませんか?

画像3

プライドで奢ってるのではありません、見栄を張って奢ってるだけなので、そもそも傷つくものがありません。

ただ、両想いの場合(彼の片想いの場合も)は素直に奢られてください。

ここで無理に割り勘を打診すると「俺に全額出されるの嫌なのかな…嫌いなのかな…」と、彼の自信を削いでしまいます。

 ※LINEのともだち追加をするだけで読めます。

 

 

 ※LINEの友達追加をするだけで読めます。

 

記事を書いた人:ジョナサン
自分の記事が少しでもあなたのお悩み解決に貢献できると、とても嬉しいなぁと思います。
\ Follow me /