恋人心理講座

「彼氏からのLINE・連絡の頻度が減ってきて不安…」になる必要はない!

「交際当初はあんなにLINEや電話をくれてたのに…」

「交際期間が長くなるにつれてどんどん素っ気なっていく…」

今日はそんな悩みにお答えていくわけですが、まずはササッと結論から入っていきましょう。

結論は「彼氏からのLINEや連絡の頻度が減っても不安になる必要はありません。」

なぜなら交際当初からずーっとLINEや連絡の頻度を一定に保てる彼氏の方が圧倒的に少ないからです。

彼氏と彼女で気持ちの盛り上がり方が違う。

そもそも彼氏と彼女で気持ちの盛り上がり方は違います。

簡単に説明するとこんな感じです。

つまり、男性は交際直後をピークにどんどん恋愛の熱量が落ちていく一方で女性は交際をきっかけにどんどん気持ちが盛り上がっていきます。

ここで大きなギャップが生まれてしまう。

交際直後よりも彼氏が大好きになっている彼女さんは今まで以上のLINEや連絡を求めたくなります。

ですが、彼氏は彼女さんと違い、どんどん熱量が失われてきているので、交際直後ほどのモチベーションを保つことが出来ません。

モチベーションが保てないとLINEや連絡の頻度がどんどん減っていくことになるので、自分の気持ちと彼との気持ちの間に温度差があるように感じ、心が辛くなっていきます。

でも、男なんてみんなそんなものなので気にしないでください。

「熱量がないってことは冷めてるってことでしょ?」と思われるかもしれませんが、ちょっと意味が違います。

彼もあなたのことを交際直後よりも好きになっているのは間違いありません。

ただ愛情表現の方法がじょじょに変わっていくだけなんです。

女性は目に見える形の愛情表現を好みます。

例えば、ちゃんと言葉で「好き」と言ってほしいし、こまめにLINEもしてもらいたいと思う。

でも男は交際期間が長くなるにつれて、目に見えない形の愛情表現を好むようになっていきます。

目に見えない形の愛情表現というのは「ただ側にいること。」です。

「ねぇ私のこと好き?」と聞かれると男は心の中でこう思います。

「(一緒に居るってことは好きってことじゃん…いちいちめんどくさいなぁ…)」と。

だから、あんまりLINEの頻度や「好き。」という言葉の数を数えないでください。

男の愛情表現は数じゃない、ただ何も言わずに側に居続けることこそが最高の愛情表現なのです。

LINEの頻度をもっとあげてほしい…とのお願いは控えた方が良い。

LINEの頻度が一番多かった時期と比較してしまうと、どうしても不安になります。

その不安をかき消そうと彼氏にもう少しLINEの頻度を増やしてほしいとお願いするのは、あまり良いアクションとは思えません。

もちろん彼氏に合わせることが恋愛の全てではありませんが、目的を忘れないでください。

彼氏と頻繁にLINEや連絡を取ることが目的ではなく、大好きな彼氏とずっと一緒にいることこそが一番の目的のはずです。

この目的を見失ってはいけません。

LINEの頻度を上げてほしいと伝えることが別れに直結するとまでは良いませんが、プラスの影響があるかと言われると正直マイナスのほうが大きいです。

彼女の時間とプライベートの時間の分離が始まる

女性はプライベートの時間=彼氏との時間。と考えますが男は違います。

男は彼女の時間とプライベートの時間をきっちり分けてメリハリをつけます。

何の前触れもなく、急にLINEの返信がこなくなったりすることってありますよね。

そうゆう場合、男はゲームなりYoutubeなりアニメなり友達との飲み会なりのプライベートタイムを楽しんでいます。

プライベートタイムを楽しんでいる間、彼氏の頭の中に彼女の存在は一切ありません。

男は女性よりも器用なのです。オンとオフの切り替えがしっかりできるからプライベートと彼女をごちゃまぜにしません。

一方女性はこのオンオフがとても苦手。

プライベートと彼氏がごちゃまぜになり、分離できないので、いつ何ときも心のどこかで大好きな彼氏のことを考え続けます。

考え続けるから不安になるし、焦りも募る。

その焦りに身を任せて行動しちゃいけません。焦れば焦るほど泥沼にハマり、彼氏の気持ちも遠ざかっていってしまいます。

大切なのは頻度ではなく、LINEでも「会話」をすること。~質よりも量へ~

LINEの頻度を上がりました、やったー安心!というのは私に言わせるとただのバカです。

頻度が上がれば上がるほど、LINEの内容はしょうもなくなり惰性となります。

カップルのLINEを見せてもらうと、それはもはや会話とすら呼べない代物になっていることが多々あります。

一言で返信が終わったり、スタンプだけで返信が終わったり、特に相手に何かを尋ねるでもなくただ今日の気分や天気を書き綴ってみたり…

そんなくだらない内容ばかり送るから相手だって返信に困るのです。

そりゃそうでしょ。

「今日も頑張ろー^^」

こんなLINEがきたとして何を返せば良いんですか?

「そうだね頑張ろー^^」しかないじゃないですか、これのどこが会話なんでしょうか。

こんなクソみたいな会話の頻度を増やして何の意味があるのかわからない。

何の意味があるかわからないから彼もどんどん惰性でLINEをするようになるのです。

LINEは確かに便利です。でもその便利さ故に、コミュニケーションがどんどん雑になっている。

彼氏のことを本当に想うならLINEの「量」ではなく「質」に注目してください。

どうゆう内容を送ったら返信がしやすいか、どうゆう内容を送ったら実りある会話が成り立つのか?

クソみたいな会話をいくつ積み上げてもただの大きなクソになるだけです。

どうか、LINEで「会話」をしてください。会話をするように心がけてください。

必要なときしかLINEをしない選択もあり(実体験)

正に私の妻がこのタイプでした。

妻とお付き合いしていた頃、LINEをするのは遊ぶ用事や必要な連絡があるときだけで、雑談はほぼ0。

私としては、本当に心地のいい距離感でした。(結果的に結婚しましたし。)

そして、このLINEのスタイルは交際当初に2人で約束したんですね、「必要なとき以外にはLINEをしない。会ったときにいっぱい話したいから。」と。

多分、カップルなのにLINEをしないカップルってそうそういないことでしょう。

付き合ったからには毎日連絡を取り合うのが当たり前になっていますが、自分としてはこの、LINEは必要なときにだけして会ったときにたくさんお話をするというスタイルをめちゃくちゃオススメしたいです。

先ほども言ったとおり、男はどんどんLINEの頻度を減らしてきます。

それは極々自然な反応なんです。

でも最初からたくさんLINEをしていると、いざ交際期間が長くなって頻度が減ったときに不安になっちゃうんです。

なら最初から約束を取り決めて、LINEをしない分会ったときにたくさんお話をしよう!というコミュニケーションスタイルを取った方が、長い目線で考えると良いと思うのです。(どうせ彼氏からの連絡の頻度なんて減るんですから。)

LINEの頻度が減っても不安にならないこと。

LINEの頻度が減るというのは裏を返せば、あなたに安心感、信頼感を持っている証拠です。

というのは、あなたの気を惹こうと急々頑張っているうちって、彼も不安な気持ちでいっぱいなんですよ。

たくさん愛情を表現しないと、彼女の気持ちを惹き付けておけませんから。

言うなれば、求愛するためにダンスをする鳥のようなものです。

一生踊り狂う♂鳥っていないじゃないですか、求愛に成功したら落ち着きはじめて晴れてつがいになりますよね。

それと同じで一見、彼が冷めているように感じても実はそうではなくて別に形の愛情が育まれてるんです。

究極の例が「夫婦」

別にラブラブするわけでもない、でもお互いのことを絶対に愛しています。

男は女性に比べて、夫婦のような愛情の形に変わっていくのが早いのです。

だからLINEや連絡の頻度が減っても不安にならないでください。

愛の形が変わってきた、ただそれだけの話なのです。