この記事の信頼性

■恋愛に関する発信でフォロワーが10000人ほどいる管理人が執筆しています。

 

男性心理講座

大学生で彼氏ができないのはヤバい!どうすれば彼氏ができる?

 

  • 大学生なのに一度も彼氏ができたことがない!
  • 彼氏がいない友達も多いけど交際経験のない友達はいない…
  • 好きな男性には距離を置かれてしまい結局失恋する…
  • 当然処女、いつ卒業できるのやら…

 

大学は勉学だけではない、恋愛もまた大学の醍醐味だ!とは思ってるけど、肝心の恋愛がさっぱり。

結論から言うと、大学生なのに彼氏がいないのはヤバい。

大学は人生の中で一番出会いに溢れた環境です。

大学を卒業し、社会人になっても出会いはあります。

出会いはあるけど大学ほど恵まれた環境じゃないことは確か。

大学生という恵まれた環境で苦戦している以上、社会人になったらもっと彼氏ができる可能性は下がります。

では、どうしたら大学生のうちに彼氏ができるのか?

今日はそんな話をしていきたいと思います。

「本当に好きになった人とだけ付き合う」

大学生にもなれば、彼氏いない歴=年齢は少数派になります。

じゃあ、大学生にもなって彼氏の一人もできない女性が恋愛不適合者なのかと問われると決してそうではないんです。

  • ルックスはそこそこ(何なら美人)
  • 普通にオシャレ
  • 周りからは普通に彼氏がいると思われている

 

といった感じで、周りから見ると

彼氏いないの反対に謎なんだけど?

って印象の女性が多いんです。

なのになぜ、彼氏ができないのか?

それは

本当に好きになった人と付き合おうとするからなんです。

え?それが当たり前じゃないの?好きじゃない人と付き合うバカおるん?

と思うかもしれませんが、ほとんどの人はめっちゃ大好き!ヤバいんだけど!夜もなれないよ!ってほど好きになれる人と付き合うわけではありません。

 

  • ルックスは及第点以上
  • 性格も悪くなさそう
  • 男性として気になる人ではある

 

これくらいライトな気持ちの状況で交際を決意します。

で、付き合っていくうちにどんどん愛情を深めていって、気づいたら「好きピ、彼氏のことほんと好きピ!!」になっているわけです。

つまり恋愛には二段階あって

  1. 交際「前」の恋愛感情の高まり
  2. 交際「後」の恋愛感情の高まり

 

容姿もしっかりしている、なのに彼氏ができない一番の原因は交際前の恋愛感情の高まりを重視しすぎることが原因なんです。

で、交際前に夜も寝れないくらい好きになれるなんてことは大人になるとどんどん難しくなっていきます。

小学生とか中学生、あるいは高校生くらいまでならそんな甘酸っぱい恋愛ができるんですけど、大学生にもなると精神が成熟してしまうのとあんまりキュンキュンしなくなるんですよね。

良くも悪くも鈍感になると言いますか…

なので、大学生のうちに彼氏をつくる上で大切なことは

  • 気になるかな?程度で交際を決めてみる
  • 交際前に完全に好きになることを求めない

 

交際することはあなたが思うほど崇高で厳かなことではありません。

もっとライトな気持ちで、ゆる〜く恋愛を考えて大丈夫。

交際前はそんなに好きじゃなくても、交際期間を重ねていくうちに彼にとって対する信頼が高まり、その信頼が愛情を深めてくれます。

それが恋愛です。

 

大学生なのに彼氏ができないとなぜヤバいの?

危機感を煽るわけじゃないのですが、大学生のうちに彼氏をつくるためには今のままのあなたではダメです。

行動や考え方を変えない限り、大学生のうちに彼氏をつくることは夢のまた夢。

あなたにアクセルを踏ませるために、ちょっと現実的な話をしていきたいと思います。

冒頭でも書いたとおり、大学4年を終え、それでも彼氏ができない…という状況は普通にヤバいです。

なぜヤバいかと言うと

  1. 大学は最高に出会いに恵まれた環境
  2. 男からすると「えっ?」ってなる

 

①大学は最高に出会いに恵まれた環境

社会人になれば、自分が今までどれほど恵まれた環境にいたのかを痛感することでしょう。

人生において、大学ほど出会いに恵まれた環境はありません。

その恵まれた環境で彼氏ができないのに、社会人になってなぜ彼氏ができる?って話なんです。

大学生なんて恋愛脳ばっかり

そもそも大学生なんて勉学のことよりも、恋愛のことについて考えている人間の方が多いわけです。

社会人やその他の学生に比べて圧倒的に暇ですしね。

要するにあなたの周りにいる異性というのは、恋愛のことばかり考えている恋愛脳のお盛んな人間が多いわけです。

おまけに「女子大生」は社会人男性からすると、大好物で狙い目。

女子大生の期間は、あなたの一番のモテ期のはずなんです。

  • 「女子大生」ブランドがある
  • 若さがある

 

男性からの需要が最も高まるのが女子大生。

だから、大学生のうちに彼氏ができないのはマズいことなのです。

出会いの数が半端ない

大学時代の出会いの数を100とすると、社会人になると20以下になると思ってください。

社会人になると、とにかく出会いが減ります。

ましてや、あなたは恋愛に対して完璧主義的な思想を持ちがちなので出会いの数が少なくなれば、好きになれる人も当然少なくなります。

恋愛は出会いの数が命。

出会いのないところに恋愛は絶対に生まれません。

大学生は出会いに恵まれた最高の環境、その環境下でも彼氏ができない…となると、そりゃヤバいわけです。

②男から見てもヤバい

例えば、自分の勤めてる会社に新卒の女性が入ってきて、彼氏いない歴=年齢と知ったら絶対に

  • もしかしたらヤバい子…?

 

と思います。

理由は先ほど書いたとおりで、大学生なんて勉学半分以下、恋愛半分以上みたいな恋愛をする上でとても恵まれた環境なわけです。

普通に考えれば、必ず大学では恋愛を経験するもの。

なのにも関わらず恋愛を経験してない、ブスでもないし普通に美人。えっ?てことは性格がヤバいってこと?ってなるわけです。

いや、自分の恋愛遍歴を話す場面なんてねぇだろ。と思うかもしれませんが、処女であることは隠せません。

初めてか初めてじゃないかくらいはベッドに入った時の反応を見れば普通にわかります。

いざ抱こうとした時に「えっ?まさか初めて???」ってなるわけです。

ネットでは処女信仰みたいなものもありますが、男からするとそこそこの年齢の女性が処女であることはマイナス効果のほうが大きいです。

処女はプラス要素ではありません。

なぜ彼氏ができない?(恋愛経験豊富な友達との違い)

  • 容姿も悪くない
  • 人並みに友達もいる

 

なのになぜ彼氏ができない?

彼氏のいる友達もたくさんいる、でもぶっちゃけた話、その友達には彼氏がいるのに、私にはいない理由が全くわからない!

ここだけの話、容姿とかスペックを見れば私の方が上だぜ???

あなたと友達との違いは何なのでしょうか?

違いその1:交際を決意する好き度の違い

前述したとおり、心の底から好きになった人と付き合いたいんだ!との純愛主義は彼氏をできにくくする大きな原因の一つです。

好き度はそこまで高くなくても、とりあえずの精神で交際を決めてしまう、本当に好きになれるかどうかは付き合ってみてから考えてればいい。

これくらいライトな考えで交際を決意できる人は当然彼氏ができる可能性もグッと高くなります。

違いその2:男性から見た時の話かけやすさ

男から見て

  • アプローチをかけづらい人
  • かけやすい人

 

の2種類がいます。

アプローチをかけづらい人

  • 性格が大人しめ
  • 口数が少ない
  • 美人系

 

この3要素を持っている人は、男からするとアプローチをかけにくい。

アプローチをかけやすい人

  • 明るい
  • 口数が多い
  • 可愛い系

 

この3要素を持っている人は、アプローチをかけやすい人です。

話しかけやすい人と、話しかけづらい人っていますよね。

想像してみてください。

無口で高身長で笑顔の少ない男性と、明るく笑顔の絶えない男性、どちらが話しかけやすいですか?

当然、明るく笑顔の絶えない男性ですよね。

アプローチのかけやすさも同様で「何か怖そう…」と感じると男はアプローチをかけることを渋るのです。

この違いは結構大きいですよ。

違いその3:恋愛への努力の違い

「なぜあの子は彼氏が絶えないんだろう?」

理由は簡単です。

彼氏の絶えないあの子は恋愛に積極的で自分なりに努力をしているからです。

努力をあえて語ることはしませんが、彼氏ができている人は必ず何らかの努力をしています。

  • 積極的に出会いを増やす試みをしている
  • 相手からのアプローチを待つだけじゃない
  • 思い切ってデートに誘ってみる。

 

などなど、みんな自分なりに彼氏をつくるための努力をしているわけで、黙ってても彼氏ができる人なんて本当に少数派です。

違いその4:進展のさせかたを理解しているか?

今まで好きになれた人もいる、自分なりにアプローチはしてみたけど結局進展せずフェードアウト…

このパターンを進む人が多いのですが、何がダメって基本的に待ちの姿勢を貫こうとしているところがダメなのです。

彼から進展させてこないなら自分から進展させる努力をしなければいけません。

  • デートに誘ってみる
  • LINEをしてみる
  • 自分の気持ちを伝えてみる

 

失敗することを恐れ、傷つくこと恐れ、無意識のうちに自分のアプローチにブレーキをかけていませんか。

相手が押してこないなら、こっちから押す!

これが恋愛の基本です。

違いその5:出会いに積極的

彼氏が絶えない女性は、出会いこそが恋愛の源泉であることをよく理解しています。

無人島じゃ彼氏はつくれない。

出会いの数が多ければ多いほど、恋愛のきっかけも多くなります。

  • 友達に紹介してもらう
  • マッチングアプリ で色々な人に会ってみる
  • サークルや習い事など所属コミュニティを増やす

 

異性との接点を増やしています。

彼氏保有率80% 看護学生

看護学生ってめちゃくちゃ彼氏保有率が高いんですよ。

あいつの彼氏はどうだの、ちょっと前デートした男がどうだの、看護学生はとにかく恋愛話が飯のおかずです。

不思議ですよね、看護学校なんて女子率が圧倒的に高いのに。

なのに彼女たちのほとんどは彼氏ホルダー。

同じ学校のメンズと付き合ってる?

いいえ、看護学生のほとんどは自分の学校外で男を見つけ、交際しています。

じゃあ何で彼氏保有率が高いのか?

彼女たちが出会いに貪欲だからです。

周りに女性しかいないのでサークルなどの自然な出会いを望むことはほぼ不可能。

彼氏をつくるためには自分からガンガン動いて出会いを掴みに行く必要がある。

その証拠にマッチングアプリには

  • 看護学生
  • 看護師
  • 保育士

 

が異常に多いんです。

当たり前ですよね、女性ばかりの環境で生活してるから出会いの努力をしないことには何も始まらない。

女だけが住む島で恋活なんてできないわけです、だから努力をする、その努力の結果が彼氏保有率の高さに繋がる。

出会いがなければ、彼氏なんてできっこないのです。

大学生時代が一番モテる!

女性は女子大生時代が一番モテます。

反対にいうと、一番モテる時期に1回も彼氏ができない!なんてことになると、あなたは自分自身に自信を持てないまま社会人生活に突入することになる。

社会人生活に突入すれば大学生のような自由な時間はなくなり、出会いを作ろうにも身体が疲れていてそれどころじゃない….

  • 時間がたくさんある
  • 出会いもたくさんある
  • 一番モテる時期である

 

この3つが揃うのは大学時代だけです。

今は有り難みがわからないかもしれないけど、社会人になれば自分がいかに恵まれた環境にいたかがよくわかるようになります。

今すぐ行動しよう!!!

それくらい強い意志を持ってください。

彼氏づくりに最適の方法(大学生のうちに彼氏をつくるには?)

一言…

居酒屋バイトへ行きなさい!!!

もちろんバイトなら何でも良いけど居酒屋バイトほど出会いの宝庫はありません。

居酒屋バイトで彼氏ができないなら何やっても彼氏できないってくらい、居酒屋バイトは出会いの宝庫です。

  • 男女比率のバランス
  • 打ち上げ回数の多さ
  • バイト仲間同志の連帯感

 

居酒屋バイトには独特の世界観があります。

スターバックスでバイトしたい!って気持ちはわかります。

でもスターバックスに出会いは落ちていません。(お客にナンパされるとかはあるかもだけど。)

だってスターバックスのバイト中は仕事終わりに飲みに行ったりなんてしませんから。

普通に「お疲れ様ですー」で終わり。

でも居酒屋のバイトは違う。

終わる時間=閉店時間だから仕事が一斉に終わるわけ。

すると必ず

飲みに行こうよ!

 

と言い出す輩がいます。

年も近いし、話す機会も多い。これが居酒屋バイトが出会いの宝庫であり、恋愛の宝庫である理由なんです。

合コンは効率悪いからやめておけ

出会い=増やす=合コンだ!

は安易です。

合コンほど成功率の低い出会い方はありません。

それに、数をこなさそうにも限界があって、週5合コンやろうぜ!と思っても人脈がなければそもそも無理。

というより、そこまでの人脈があるなら既に彼氏ができてるっていう….

合コンに積極的に参加する分には問題ありませんが、合コンを出会いの場の主戦場にするのは成果が出づらいのでオススメしません。

若い時には毎週のように合コンをしていましたが、カップルに発展した人は本当に一握りです。

合コンはめちゃくちゃ効率が悪いのです。

居酒屋バイトが嫌ならマッチングアプリ 

居酒屋バイトが最強の出会いの方法です。

でも、そこまでするモチベーションはない!なら、次に効率的なのがマッチングアプリ です。

今あなたが手に持っているスマホでポチポチ登録すれば、今すぐにでも恋活を始めることができます。

デメリット

マッチングアプリ のデメリットは以下

  • 真剣に恋愛する気のない男がいる。
  • ふしだらなことを考えている男がいる。
  • プロフィールに詐欺写真を使うやつがいる。

 

マッチングアプリが弱いのは、みんながみんな真面目なやつばかりじゃないってところ。

せっかく良い感じだったのに実は既婚者でした。とか、実は彼女持ちでした。とか、そうゆうクソみたいなことが日常の出会いに比べて起きやすいのは事実。

ただ

  • 昼間のデートを打診してみる。
  • 男性は有料のアプリを使用してみる。
  • 急な電話に反応できるか探りを入れてみる。

 

などなど、不穏な男を炙り出す術を理解していれば、真面目な男と不真面目な男の選別はそう難しいことではありません。

メリット

  • 出会いの数が半端じゃない。
  • 女性は無料の場合が多い(お手軽)
  • 本気になれば毎週末デートを入れられる。

 

アプリのいいところは、その出会いの多さです。

ただ、利用を躊躇う原因があってそれは

友達にバレるのが怖い!!!

結論から言うと、友達のバレることはほぼありません。

試しにアプリに登録して友達を探してみてください。十中八九見つけられないはずです。

それでもなお心配なんだ!って人は

月額2000円を払えば、ペアーズではシークレット機能というものが使えます。

  • 「いいね」した男性にだけプロフが公開される機能

 

なので自分のプロフィール範囲を気になる男性のみに限定することができます。

いや、金は払いたくねぇ!って人には、とりあえず顔が見えない角度の写真をメイン写真にして、サブ写真に顔のわかる写真を登録すればいいよ。とアドバイスしています。

サブ写真は、スワイプしないと見れないので検索画面には出てきません。

検索画面に出てこないということはそれだけバレる可能性が低くなるということです。

同じコミュニティで1年彼氏ができないなら2年続けても彼氏はできない

 

結論、同じコミュニティで1年彼氏ができないなら2年経っても3年経っても彼氏ができる可能性が低いです。

これはバイト先などの恋愛でも同じであるコミュニティに属しても一向に彼氏ができる兆しがないのであれば、別のコミュニティ移るなり、別の出会い方を模索する必要があります。

例えば大学に入って恋人ができた人というのは、入学から平均して7.5ヶ月で恋人ができていると言われています。

早い人だと3ヶ月、遅い人で1年。

よく、彼氏いない歴=年齢の人は

  • 自分磨きが足りてない
  • 女子力が足りてない

 

なんて言われることが多いですが全然そんなことはありません。

みんな普通に可愛いし、普通に美人。なのに自分より可愛くない友達に彼氏ができてあなたに彼氏ができないのは

「行動力の差」です。

ただそれだけ。

着る服を変える必要もありません。

化粧を変える必要もないし、髪型を変える必要もない。

ただ、行動力だけは変える必要がある。

それさえクリアしてしまえば彼氏をつくるなんて簡単なこと。

だって、生涯に誰ともお付き合いせずに死ぬ人なんて圧倒的な少数なわけですから。

彼氏を作ることはあなたが思うよりも難しいことではありません。

まずは

  • 彼氏を作るって難しいんだ…どうやってみんなつくってるの…

ってメンタルブロックを外す。

他の女にできてあなたにできないわけがない。

行動力をつければ彼氏なんて簡単につくれるのですから。

ツイート