この記事の信頼性

■月間30万アクセスの恋愛ブログです。

 

■恋愛に関する発信でTwitterでフォロワーが1000人を越えています。

男性心理講座

彼氏いない暦=年齢と聞いて僕が感じること。【男の本音】

まちるだ

彼氏いない暦=年齢ってヤバい??

と気になっている女性に僕が率直に感じることをお話ししていきたいと思います。

彼氏いない暦=年齢のここがヤバい!

彼氏いない暦=年齢の何がヤバいのかをお話しする前に
「何歳まで彼氏が居ないと男からヤバいと思われるのか。」をはっきりさせておいた方が良いでしょう。

彼氏いない暦=年齢がヤバくなるのは何歳から?

男性によって個人差もあるので、あくまで僕はこう思うという主観の話になりますが
僕的には20歳の時点、一度も彼氏がいないと、ヤバい女性かもと感じてしまいます。

もちろん、女子校に通っていた方もいるでしょうから、一概には言えませんが、そこそこのルックスがあれば20歳までに彼氏の1人や2人出来てるのが普通だと思っています。

少なくとも、僕の周りの女性はそうでしたので…

ただ、彼氏いない暦=年齢と聞いて、嬉しく感じる男性もいます。

全ての男性が僕と同じ考えを持っている訳ではないので、そこはご安心ください。

では、具体的に、彼氏いない歴=年齢の女性のどこがヤバく感じるのかをお話ししてきたいと思います。

男に警戒されるからヤバい!

何がヤバいって、彼氏いない暦=年齢コンプレックスを持っている女性って、結構周りから可愛いだの美人だの言われている人が多いんです。

顔が整っているのに、彼氏いない暦が長いとなると、男からすれば当然疑いの眼差しで見られます。

ジョナサン

あの子めちゃくちゃ気難しい性格なのかも…

と思われるのは当たり前。

そして、こうやって一線引かれてしまうと、男性からのアプローチが極端に少なくなり、結果的に彼氏いない暦が延びる悪循環が起こります。

この悪循環がヤバいんです。

美人すぎるとモテないって話はマジです。でも書いたとおり、男だって恋愛で失敗したくないんです。デートに誘って断られたくないんです。

女性だって、物凄いイケメンだけど彼女が出来たことない男性を目の前にしたら

まちるだ

私なんて相手にしてくれないだろうな…

って、何のアクションを起こすこともなく、手を引くことでしょう。

ルックスのある女性が、彼氏いない暦=年齢だと知ると、男にも同じ心理が働き、行動を起こす前に手を引いてしまいます。

実はモテてるのに、表に出てこないがために、モテないと勘違いしてしまう。

その結果

  • じぶんは恋愛に向いてないのではないだろうか。
  • 男性受けの悪い性格や顔なのだろうか。
  • 男性に接する態度が悪いのだろうか。

って感じに、ネガティブなことばかり考えるようになり、悪循環にさらに拍車がかかる。

だから、彼氏いない歴=年齢はヤバいんです。

理想が高くなるからヤバい!

彼氏いない暦=年齢のヤバさの2つめは男性に求める理想が高くなりがちになることです。

彼氏いない暦=年齢の女性は交際の実体験がないがゆえに、妄想に走りがちになります。

  • 付き合ったら彼氏とどんなことをしたいか。
  • 一緒にどこに旅行しようか。
  • クリスマスは2人でどうやって過そうか。

想像してはベッドの中、一人キュンキュンしているわけですが、この妄想が一人歩きして、完璧な彼氏像が出来ていっていしまいます。

当然、理想を追い求めているので、この理想に叶うかどうかを審査する癖がついてしまう。

でも所詮は妄想・理想なので、そこに届く男性は残念ながら、なかなか存在しません。

結果、理想を追い求めるうちに30代に突入し、独身街道をまっしぐらに走っていくパターンが多くなるのです。

想像の世界で生き続けてしまうと、リアルな世界に戻って来れなくなり、婚期(25〜30歳)を逃す可能性があります。

想像の世界から抜け出すには実際に彼氏をつくって、恋愛の理想と現実を肌身をもって感じることしか方法はありません。

実体験をしないことには何も始まらないのです。

なぜ彼氏が欲しいのに出来ないのか?

そもそも彼氏のいる女性の大半は、自分なりに彼氏をつくる努力をしています。

努力を怠ってるのにも関わらず、彼氏できない〜と嘆いたところで、男は出来ません。

例えば

  • 友人に、良い男性を紹介してもらえないかと頼む
  • 多少面倒でも、出会いの場に積極的に参加する
  • 気になる男性と出会ったら自分からアプローチする

などなど、言わないだけで、各々努力しているのです。

彼氏いない歴=年齢の女性は、驚くほど努力を怠っている。

まるで、そのうち白馬の王子様が迎えにくると確信しているのでは?と思うほどに、恋愛に対して受け身です。

自分から動かないことには彼氏は出来ない。

なので、本当に彼氏が欲しいのであれば、彼氏いない暦=年齢がコンプレックスなのであれば、自分からガンガン出会いにいく必要があるし、アプローチも必要になります。

男性と出会う機会を増やす方法

様々な方法がありますので、自分にマッチした方法を選びましょう。

街コン・恋活パーティ

2人1組で来ている人が多いので、一緒に付き添ってくれる女友達の存在がマストとなりますが、街コン・恋活パーティは、互いの目的がはっきりしているので、交際に発展する可能性が比較的高いのでおすすめです。(合コンに行くくらいなら、パーティに行った方が良い。)

参加するパーティにもよりますが、興味を持った男女同士を運営側でマッチングしてくれるのは、とても有り難いです。(恥ずかしがり屋には最高のサービス)

また街コン・恋活パーティは「20代限定」「30代限定」「男性側は高学歴限定」など、目的に合ったものにだけ参加できます。

年齢フリーのパーティに行くと、40代のおっさんとか出てくるときありますからね…

相席居酒屋

最近、男性陣の中で流行りまくってる相席居酒屋を使うのもありです。

何せ女性はタダで酒が飲める!(笑)

男子会のノリでそのまま来店する人が大半なので、普通の大学生やサラリーマンが多いです。

ただ注意して欲しいのは、真面目に恋愛したいのであれば、彼らにはついていかない(店を出ない)ようにしたほうが良いです。

男性は2000円/30分くらいの金額がかかるので、別の店に移りたがります。

で、どこに移りたがるかと言いますと、照明を落とせるカラオケ屋に移りたがるんです。

もちろん、最終目標はラブホテル。そのためのワンクッションとして、距離を縮めるためにカラオケ屋を挟むのが一般的です。

でも、彼らのことを不真面目な人間と断定してはいけません。なぜなら、男なんて好きあらば女性を抱きたいと思ってるんですから…

カラオケについて行ってしまうと、彼らはエロいことしか考えなくなってしまいます。。二次会、三次会で相席居酒屋にくる男性も多いので、かなり酔っぱらってることが多いですし。

ですから、相席居酒屋で、LINEのIDだけを交換するように心がけてください。

そうすれば、酔いが醒めた状態の彼と会話できます。

マッチングアプリ

ダントツでオススメなのはマッチングアプリです。

女性は無料ですし、いつどこでも気になる人を探すことが出来るので、彼氏をつくる上でこれ以上のツールはありません。

ただし、マッチングアプリといっても、色々な種類があるので、一概にオススメできるわけではありません。

僕がおすすめしたいのは…

真面目な男性が多いPairs

間違いなく、マッチングアプリの頂点です。
Pairsの良いところは、男性が有料(月額4000円)なので、無料で使える某マッチングアプリと比べて、本気で彼女を探している人が多い点にあります。

また、僕に恋愛相談をしてくれた女性にマッチングアプリに関するアンケートを取ったら、このようなお答えをしてくれました。

1 マッチングアプリは何を使ってますか?
ユーブライドペアーズ

2 そのマッチングアプリを選んだ理由はありますか?
ユーブライドは、真剣に婚活してる人が多い。
ペアーズは、若いハイスペックが多い。

3 使ってみた感想はいかがですか?
ペアーズ、結婚を早くて2~3年後のこととして考えてる方が多い。
ユーブライド、結婚を1年以内に考えている方が多い。口下手が多い。
でも、両方ともいい人多い。

4 アプリを使用してからどれくらいで彼と知り合いましたか?
まだ、彼氏ではない。
1か月くらいで、マッチングした。

5 彼以外の男性とデートをしましたか?もししたなら何人とデートしましたか?
他ともデートした。
15人くらい?

凄いですよね。アプリを使い始めてから数ヶ月で15名前後でデートが出来るくらい知り合えるんです。しかも無料で。

恋活パーティなどで、彼氏を見つけるのも良いですが、効率としては圧倒的にマッチングアプリだと思います。

Pairsは健全な男性が多い(全員が健全なわけではない。)と評判なので、最強にオススメです。

ぜひこの機会にPairsを利用してください。

 

■こんな人にオススメです。

・片想いから両想いになりたい相手がいる。

恋愛の成功確率を上げる簡単な方法を知りたい。

・男性がキュンとくるLINEを男性目線で解説してほしい。

 ※LINEのともだち追加をするだけで読めます。

 

 

■こんな人にオススメです。

・初デートだけで終わりがちな恋愛が最近多い。

2回目のデートに絶対に繋げたい。

・男心を惹くデートを男性目線で解説してほしい!

 ※LINEの友達追加をするだけで読めます。

 

記事を書いた人:ジョナサン
自分の記事が少しでもあなたのお悩み解決に貢献できると、とても嬉しいなぁと思います。